「あれっ、年金が少ないような…」通帳記帳した66歳元会社員“振込額30万円”を疑問視。年金事務所で尋ねると…まさかの100万円ゲット!〈忘れられがちな年金〉の正体【FPの助言】

「あれっ、年金が少ないような…」通帳記帳した66歳元会社員“振込額30万円”を疑問視。年金事務所で尋ねると…まさかの100万円ゲット!〈忘れられがちな年金〉の正体【FPの助言】
(※写真はイメージです/PIXTA)

会社員であれば長い期間にわたり、厚生年金保険料を納めてきたことでしょう。老後に受け取る老齢厚生年金は、納めてきた保険料に応じて金額が決まる仕組みです。年金の支給が始まる前に、過去の年金記録に漏れがないかを確認している人は多いかと思います、それに比べて、見逃されたり忘れられたりしがちな「年金」があって……。本記事ではAさんの事例とともに、年金のもらい忘れについて、合同会社エミタメの代表を務めるFPの三原由紀氏が解説します。

62歳でリタイア…お金オンチの独身貴族

66歳の元サラリーマンAさんは、現在シングル、結婚歴はありません。首都圏の中高男子校から大学受験をして進学、学生時代は野球同好会に所属していました。いまでも年に数回、当時の野球仲間4人で集まり、ゴルフやコンサート鑑賞などを楽しんでいます。

 

大学卒業後は、百貨店に就職、販売部門へ配属されたことがきっかけでバイヤーの業務に携わることになります。6年間の百貨店勤務のあとは、外資系メーカー、コンサルティング、通販など多くの職場を渡り歩き、一貫して販売促進に関わる仕事をしてきました。

 

60歳で一旦定年を迎え、その後は1年単位の雇用契約で働いていましたが、運悪くコロナ禍に突入、会社の業績も悪化し人員整理が行われることに。肩叩きされたわけではありませんでしたが、いったんリセットして、これからの生き方を見つめ直そう、と62歳でリタイアしたのです。

 

例の仲間からは、独身貴族はいいよな、などと揶揄されましたが、たしかにそうかもしれません。

 

実のところリタイアできたのは、父親が賃貸しで所有していた2DKのマンションを譲り受け、持ち家を確保できていたことも大きな要因でした。学生時代の仲間の多くは、定年後も住宅ローンが残り65歳になるまではやめられないよ、とぼやいていましたから。築古マンションではありますが、かかるのは毎月数万円の固定費だけなので、小さな贅沢を楽しみながらなんとか暮らしていけています。

 

そんな折、65歳でリタイアした仲間たちと久しぶりに温泉とゴルフを堪能しよう、と箱根まで足を伸ばすことになりました。温泉で口も緩んだのか、夜の宴会はいつしか年金の話題に移り、良くも悪くもお金に無頓着なAさんは、老齢基礎年金、老齢厚生年金、企業年金と盛り上がる話の輪のなかに入れませんでした。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月30日(火)開催
最新の経済状況から不動産市場を分析
「マレーシア不動産投資戦略」

 

【国内不動産】8月3日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

 

次ページオレの年金、少なくないか?

※プライバシー保護の観点から、相談者の個人情報および相談内容を一部変更しています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧