(※写真はイメージです/PIXTA)

高齢者が終の棲家とする老人ホーム。しかし、費用面ばかり見て施設を選ぶと、本人に大きな不満が生じるばかりか、親族が大変な思いをすることもあるようだ。実情を見ていく。

姑が亡くなり、舅と同居することになった50代女性

核家族化が進み、夫婦共働き世帯が当たり前となったいま、昭和時代のような、家族ぐるみでの自宅介護は、介護する側・される側が切望しても、なかなか事情が許さなくなってきた。

 

そのため「老人ホーム」を終の棲家とする高齢者も増えているが、じつは「入居さえできたら、それで安泰」ではないという、厳しい現実があることをご存じだろうか。

 

株式会社Speee/「ケアスル 介護」による『介護施設の転居に関するアンケート調査』では、入居した施設が「1施設目」との回答が61.6%。逆にいうと、老人ホーム入居者の4割が転居をしているということだ。

 

ある50代女性は嘆く。「70代後半の舅が、せっかく入った老人ホームを退去してしまいました…」。

 

女性と夫は共働きで、数年前に姑が亡くなるまで、夫の両親とは別居だったという。しかし、自分の身の回りのことができない舅は、姑亡きあとすぐ生活に行き詰った。

 

「私も夫も決して高給取りではなく、ひとり息子を私立大学にやって独立させたら、貯金もスッカラカンでした。ですから、舅の面倒を見るために、退職をするという選択肢はありませんでした…」

 

舅は日中、息子夫婦の家にひとりで在宅することになった。女性は忙しい合間を縫って、日々の洗濯などを行うほか、舅のための作り置きの食事などを準備した。息子の世話を思えば…と考え、目をつぶっていた女性だが、先に夫のほうが音を上げてしまった。

 

女性よりも夫の方が帰宅が早いのだが、夫が戻ると、舅がひとりで晩酌をすませ、自室に戻らずリビングのソファで寝込んでいる。夫が父親の食器を下げ、自分の食事をとり始めると、今度は目を覚ましてずっとそばで話を振ってくる。

 

「主的向きは、不在の間になにかあったら心配だから、という話になりましたが、納得してもらうまでが大変で。説得に当たった夫は、ゲッソリしていましたね。自分の父親なのですけれど…」

 

しぶしぶ施設入所を納得した舅だが、夫婦には援助するための資金力がないため、舅の月額17万円の年金と預貯金でどうにかなるところを探すしかない。

老人ホーム入居にかかる費用の内訳とは?

老人ホーム入居にかかる費用だが、まずは入居一時必要になる。老人ホームの家賃は「入居一時金方式」と「月払い方式」があり、前者は一定期間分の家賃をまとめて前払いし、後者は毎月定額の家賃を徴収される。前者を採用するホームのほうが多く、前払いの分、毎月かかる費用を抑えられるメリットもある。

 

まとまった費用が出せなければ入居は叶わない。そのため、月払い方式を用意している施設もあるが、一時金の費用はかからない分、毎月の費用は高くなる。

 

また入居一時金は、5〜15年程度の償却期間があるのが一般的で、償却期間が終わる前にホームを退去した場合は、未償却分の入居一時金を返還してもらうことができる。通常は初期償却分として、入居と同時に償却される分があり、この部分は基本的に戻ってこない。

 

そして、入居後に毎月支払う月額利用料だ。内訳はホームによって異なるが「家賃」「食費」「水道」「光熱費」「管理費」「介護費」といったのが主な項目だ。また、ホームによっては日用品代やおむつ代など、日常生活費として個人で支払う費用がプラスされることもある。費用に含まれるものと含まれないものを、しっかり確認しておくことが重要である。

 

「たくさん資料を集め、夫と相談して、費用面の条件が合うところに決めたのですが…」

 

ようやく一安心と思っていたところ、舅は「どうしてもガマンならない」といって退所してしまったという。

 

「えへへ、帰ってきちゃった、と…。もう呆然ですよ」

 

上記のアンケート調査によると、転居経験者に理由を尋ねたところ、「特養などに入所するため、一時的な入居だった」33.3%とトップだったが、「介護スタッフ・施設職員への不満」「介護サービスの質が低い」「医療・看護体制が不十分」「介護度や病気が重くなり退去を命じられた」といった内容が続く。初めから転居前提の入所というケースがあるものの、介護サービス・体制への不満、介護度の変化なども退去理由となっている。

次ページ予算内で収まる施設を発見

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧