住宅を購入する際、多くの人が住宅ローンを利用しますが、その銀行審査で重要とされるのが年収。一般的に高収入であるほど審査に通りやすく、また融資額も多くなります。しかし不動産業界のトップセールスマンだった齊藤郁織氏は、高収入であっても銀行審査に落ちる人を何度も見たといいます。なぜ高収入でも銀行は「貸したがらない」のか。みていきましょう。

近いうちに高額な住宅ローンを組む人は「不動産投資」に向かない

周りの人がやっているから、広告をよく見るから、営業マンがおすすめしてくれたから……「なんとなく不動産投資しよう」と始めると失敗します。不動産投資を始めたい人は、そもそも向いているのか、一度考えてみてもいいかもしれません。なかなか不動産の営業マンが教えてくれない「不動産投資に向かないと思われる人」に関して解説していきます。

 

著者は営業マン時代、とある上場企業に勤務する31歳のサラリーマンに出会いました。年収は1,200万円を超えるという、誰もが認めるエリート。年齢的にはそろそろマイホーム購入を検討するタイミングでしたが、そんな彼が思わぬ事態に直面します。住宅ローン審査に落ちたのです。いわゆる『ハイスペ』と言われる人たちが、まさかの住宅ローン審査落ちをするという事象。実はこれ、ザラにあることなのです。

 

実は彼は、マイホーム購入を検討する前に不動産投資を始めていました。不動産投資のためにローンを組むと、どれだけ当人の属性が良くても、住宅ローン審査で銀行から落とされる可能性があります。

 

もちろんローンを組んだ分、同額の資産を保有しているので資産の状況が大きく変わっている訳ではないのですが、銀行からは保守的に資産状況を評価した結果、厳しい見方になる場合があります。組む予定の住宅ローン金額や金融機関との話し合い次第でふつうに住宅ローンを組める場合も十分あるのですが、「そういうリスクもある」ということは認識しておくとよいでしょう。

すぐに現金化したいタイミングが来る人も「不動産投資」に向かない

不動産投資に向かない人は他にもいます。

 

不動産の弱点は、株などと違って売りたいと思っても必ずしもすぐに売れない(=流動性が低い)点です。たとえば近いうちにお子さんの教育資金が必要だと分かっている方で、株式や投資信託で資金を運用している方は、それらを売ってしまえば簡単に現金化できます。

 

一方で不動産は売ろうと思ってからすぐには買い手が現れない状況もあり得るため、現金化までに時間がかかるのです。特に物件を買って間もない方は、まだローンの残高が物件の売却価格より高く、売るに売れない状況になる可能性があります。

 

区分マンションは長く保有することでより資金を多く回収できますが、逆に短期間で十分な資金を回収する目的には向かないというところも認識しておくべきポイントです。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページ不動産投資に向いているタイプ、3つ

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧