昨年、オーストラリア不動産への海外からの投資額は日本が1位でした。なぜ、オーストラリアの不動産は、日本人投資家から支持を集めているのでしょうか。理由を紐解いていきます。

オーストラリアで「安定した賃貸経営」が実現しやすいワケ

筆者はこれまで、多くの日本人投資家と取引を行ってきましたが、2010年代のまだ不動産価格がそこまで上がっていない時代に購入した投資家のなかには、数年でも1.5倍位の価格が上昇し売却したケースもあります。また多くの投資家が、いまなお所有を続けていますが、家賃は年5%前後も上昇し、10年で倍近くになった物件もあります。さらにシドニーやメルボルンは、空室率も1%前後と、物件が空いても1週間前後で入居者が決まる状況で、安定した賃貸経営が実現しています。

 

オーストラリアは、法的国家で賃貸経営についてはオーナーに有利な国です。

 

たとえば家賃の滞納については、数日でも家賃の振り込みがない場合、管理会社が入居者に支払いの通知をします。それでも支払いがない場合には適切なステップを踏んだうえで法的措置を行います。筆者の過去17年間の経験では、1度だけ家賃の滞納があり、トライビューナルで法的措置を行い家賃回収はできました。

 

入居者が物件を借りる際に、次に借りる管理会社に審査の資料として今までの支払い履歴の提示を求められます。滞納がある入居希望者を受け入れるオーナーはほとんどいません。このような状況から、家賃滞納のトラブルはあまりオーストラリアでは見られません

 

また退去するときには、原状回復義務もあります。入居した状態と退去する状態は、同じ状況で退去の義務があるので、ほとんどの入居者は綺麗な状態で部屋を利用します。不動産管理会社は、入居中でも年に数回確認に行くので、ほとんどの入居者はきれいなコンディションを保ちます。

 

このように「安定した賃貸経営」が実現するベースがあることは、海外投資家にとっても安心材料だといえるでしょう。

 

注目のセミナー情報

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページ日本のデベロッパーが再参入…「日本の賃貸物件」が高評価

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧