(※写真はイメージです/PIXTA)

日本株で勝つには、どうすればよいのか。本稿では、渡部清二氏の著書『プロ投資家の先を読む思考法』(2023年12月刊行、SBクリエイティブ)より一部を抜粋し、市場の先読みをする投資判断の方法を紹介します。株価チャートは基本的に、①ローソク足、②出来高、③テクニカル分析指標の3つで構成されています。前回記事では①について説明しました。本稿では②③を見ていきましょう。

出来高

出来高とは売買が成立した株数のことをいいます。出来高が多ければ多いほど、その株の取り引きが活発に行われているということです。つまり出来高を見れば、投資家のその株に対する注目度がわかるというわけです。

 

ただし、出来高だけで売買の判断をすることはできません。必ず株価の動きとあわせて見るようにする必要があります。

 

■安値圏での出来高急増は「買い」のサイン

人気のない株が安値圏で急増したときは、買いサインと考えてください。

 

普段、注目を集めることのない株の出来高が増えているということは、それなりの理由があります。何らかの材料が出て買いたい人が大勢いるということだからです。

 

とはいえ、一時的なものでもある可能性があるので、注意が必要です。こちらに関しては、『会社四季報』のチャートからも読み取ることができます。

 

もっと注意しなければいけないのが、大型株の出来高が高値圏にあるにもかかわらず急増した場合です。買いたい人が大勢いる一方で、利益を確定するための売りが大量に出ている可能性があります。

 

そんなときにつられて買ってしまうと、株価がピークに達する可能性が高く、いわゆる「高値づかみ」になってしまいます。

テクニカル分析指標(移動平均線)

テクニカル分析とは、過去の市場の動きを分析することによって、将来の市場の動きを予想する方法です。

 

テクニカル指標をチャート上に表示することによって、相場の節目やトレンド、売買のタイミングなどを分析することができます。

 

テクニカル分析に役立つ指標はいくつもありますが、今回はもっともわかりやすい移動平均線についてご説明します。

 

移動平均線とは、一定期間の株価の平均を結んだ線のことをいい(図表1)、ローソク足とあわせて使うことで、トレンドや売買タイミングを予測するのに役立ちます。

 

出典:auじぶん銀行「チャートの見方」をもとにSBクリエイティブ株式会社が作成
[図表1]単純移動平均線 出典:auじぶん銀行「チャートの見方」をもとにSBクリエイティブ株式会社が作成

 

移動平均線は、その期間によってさまざまな種類があります。

 

・日足(ひあし) 5日、10日、25日、75日、200日

・週足 13週、26週

・月足 12ヵ月、24ヵ月、60ヵ月、120ヵ月

 

これらのうち、一般的にトレンドを見るのに使われるのは次の期間です。

 

・短期トレンド 5日、25日、75日

・中期トレンド 13週、26週

・長期トレンド 12ヵ月、24ヵ月

 

■「買い」を示すゴールデンクロス、「売り」を示すデッドクロス

移動平均線が表すシグナルのうち、トレンドの転換点として比較的初心者の方でもわかりやすい「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」についてご説明します。

 

出典:日本証券業協会 投資の時間「移動平均線」
[図表2]ゴールデンクロスとデッドクロス 出典:日本証券業協会 投資の時間「移動平均線」

 

ゴールデンクロスとデッドクロスは、ともに移動平均線によって示されるトレンド転換のポイントです。

 

ゴールデンクロスは、短期移動平均線が中期・長期移動平均線を下から上に突き抜けることで、上昇トレンドへの転換の可能性を示します。これが出たら「買い」のタイミングのシグナルと考えてください。

 

逆にデッドクロスは、短期移動平均線が中期・長期異動平均線を上から下に抜けることで、下降トレンドへの転換の可能性を表しています。これが出たら「売り」のタイミングのシグナルといえます。

 

みなさんもぜひ『会社四季報』のチャートを見ながら、ゴールデンクロスやデッドクロスを探してみてください。

 

実際に自分で調べてみることで、知識が身につきやすくなります。一見するととっつきにくいテクニカル分析が身近に感じられ、「もっと高度な分析方法を知りたい」と思うようになっていくことでしょう。

 

 

渡部 清二

複眼経済塾 代表取締役・塾長

 

1967年生まれ。1990年筑波大学第三学群基礎工学類変換工学卒業後、野村證券株式会社入社。個人投資家向け資産コンサルティングに10年、機関投資家向け日本株セールスに12年携わる。野村證券在籍時より、『会社四季報』を1ページ目から最後のページまで読む「四季報読破」を開始。26年以上継続しており、2023年秋号の『会社四季報』をもって、計104冊を完全読破。

近著に『会社四季報の達人が全力で選んだ 10倍・100倍になる! 超優良株ベスト30』(SBクリエイティブ)、『株主総会を楽しみ、日本株ブームに乗る方法』(ビジネス社、複眼経済塾としての書籍でもある)などがある。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

※本連載は、渡部清二氏の著書『プロ投資家の先を読む思考法』(SBクリエイティブ)より一部を抜粋・再編集したものです。

プロ投資家の先を読む思考法

プロ投資家の先を読む思考法

渡部 清二

SBクリエイティブ

「そもそも投資の意義ってなに?」 「株式投資をしているけれど、これといったメソッドを持っているわけじゃない」 「今の運用方法で正しいのか、だれか教えて!」 「自力で市場予測をするには限界を感じる…」 こんな思…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧