(※写真はイメージです/PIXTA)

「下流老人」「老後破産」…なんとも辛い言葉が多くなった昨今。老後に必要なお金、貯められていますか? 厚生労働省『賃金構造基本調査』(令和4年)などをもとに解説していきます。

年収1,000万円超「勝ち組サラリーマン」…退職のワケ

某食品メーカーに勤めていた原本さん(55歳・男性/仮名)。50歳のころ、新卒より勤め上げていた会社の退職を決意しました。

 

「20代~30代のときは、がむしゃらに働いていました。営業として一番の利益を出すために、朝から晩まで駆けずり回ったなあ……。そこそこ大きな会社でしたから、社内政治も激しかった。『会社のなかで絶対に生き残ってやる』という強い気持ちがありました」

 

「定年まで残り10年、勤め続けることももちろん考えました。ただ……50歳になって急に『このままいいのか』という気持ちに襲われたんです。部長として、年収は1,000万円を超えていました。満足するお金をもらっていましたが、一方で娘も大学を卒業して家を出ていき、肩の荷が下りていた」

 

厚生労働省『賃金構造基本調査』(令和4年)によると、男性の場合、「部長」の平均賃金は58万6,200円(年齢52.7歳、勤続年数22.1年)、「課長」の平均賃金は48万6,900円(年齢48.8歳、勤続年数20.5年)、「係長」の平均賃金は36万9,000円(年齢45.4歳、勤続年数17.8年)です。

 

原本さん、まさに「勝ち組サラリーマン」だったわけですが、勤続約30年、思うところがあったようです。

 

「まあ、怒られますよね、そりゃ……。なんの相談もしないで、『仕事辞めた』だけ伝えましたから。『一体どういうこと』と散々責められましたが『もう決まったことだから』で通しました。貯金もそこそこあったので、別にいいだろうと思っていました」

次ページ妻は激怒…娘から送られてきた、「物寂しいライン」

※本記事のインタビューではプライバシーを考慮し、一部内容を変更しています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧