(※写真はイメージです/PIXTA)

お金を貯めたいけれど、思うように貯金ができないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか? なぜお金が貯まらないのか、節約オタクふゆこ氏の事例をみてみましょう。著書『貯金はこれでつくれます 本当にお金が増える46のコツ』(アスコム)より、ふゆこ氏が解説します。

固定観念にとらわれるとお金がいくらあっても足りないワケ

みなさんに質問です。

 

「アラサー世代の社会人女性って、どんな生活をしていると思いますか?」

 

・デザインの凝ったインテリアで部屋をおしゃれな空間にしている

・恋人や友だちとの食事会では、ちょっと高くてもおしゃれなお店に行く

・トレンドをさりげなく押さえてファッションに気を配る

・プチプラだけでなく、ちょっと高価なブランドも取り入れる

・ジムやホットヨガに通って自分磨きをする

・ネイルサロンやまつ毛エクステなど美容にも定期的にお金を使う

 

まだまだありそうですが、こうして書き出してみると「お金がかかる」ことばかりですよね?

 

それこそ、女性インフルエンサーがSNSで発信するような生活を真似しようと思うなら、自由に使えるお金が月に30万円あっても足りない気がします。

 

わたしは、このような「世間の考えるアラサー女性像」を意識し過ぎていました。

 

固定観念にとらわれ、「こうあるべきなんだ」という思い込みに縛られていたといってもいいでしょう。

 

美容にたいしたこだわりもないのに、「もうアラサーなんだし」という、いま振り返るとよくわからない理由から、デパートで高級コスメを買い、ファッション誌やSNSで「アラサー世代が着るべき服や必須アイテム」を把握して、トレンドを意識した服やバッグを買いそろえていました。

 

でも、高級コスメもおすすめのファッションアイテムも「自分の意思」で選んでいるわけではないので、結局は「買っただけ」でまったく活用できませんでした。

 

いまのわたしなら、「使わないなら不用品として売るか、思い切って捨てよう」となりますが、当時は「高かったのに捨てるのはもったいない」「いずれ使うかもしれない」という思考で、部屋のなかは着ない服や使わないもので溢れていました。

 

「自分のために、自らの意思で選んだ支出」ではなく、ただ「世間体を気にしてお金を使っていただけ」だったのです。

 

浪費メンタルから貯金メンタルにチェンジし、資産1000万円を達成した思考法を伝授!
<<詳しくはこちら>>
 

“オトナの女性”だから、「こういうものを身につけないといけない」「これくらいのものは買うべきだ」という固定観念を持ち、それを実現するために散財する。

 

百歩譲って、お金が足りているうちはまだいいのです。

 

でも、お金が足りなくなって買えなかったり、買ったことで日々の生活が苦しくなったりすると、さらに大きなストレスを感じてしまう。

 

「こんなに頑張っているのに、ほしいものも買えない……。みんながSNSに載せるような、キラキラした素敵な暮らしができない。わたしは負け組だ」

 

いまとなれば笑ってしまうような、はずかしい話です。日々のストレスにより、ちょっと買い物依存症のようになっていたのかなとも思います。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ「他人軸」を卒業して「自分軸」で生きていく

※本連載は、節約オタクふゆこ氏による著書『貯金はこれでつくれます 本当にお金が増える46のコツ』(アスコム)より一部を抜粋・再編集したものです。

貯金はこれでつくれます 本当にお金が増える46のコツ

貯金はこれでつくれます 本当にお金が増える46のコツ

節約オタクふゆこ

アスコム

本書では、 借金あり・浪費癖あり・貯金なしだった著者が、 浪費メンタルから貯金メンタルにチェンジし、 資産1000万円を達成した思考法、 そして数々の節約法を試してきた中から、 無理なく「お金を使わない仕組み」がで…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧