(※写真はイメージです/PIXTA)

一生お金に困らないためには、人間関係が影響していることはご存知でしょうか? どのような人間関係が新しいお金を生み出し、イノベーションを起こすことができるようになるのかみてみましょう。著書『一生お金に困らない脳の使い方』より、脳科学者の茂木健一郎氏が解説します。

「知人の知人」のような弱い関係がイノベーションを起こす

お金に関する人間関係は、関係性の頻度、相互性、強さ、親密さなどからストロングタイ(強い結びつき)とウィークタイ(弱い結びつき)に分類することができます。

 

不況を乗り切って経済が成長したり、新しいお金を生み出すためのイノベーションを起こすためには、家族や親友、あるいは同じ職場の同僚のような強いストロングタイよりも、ちょっとした知り合いであったり、「知人の知人」のような弱いウィークタイのほうが重要なのです。

 

ウィークタイ理論においては、自分とは異なる文化や業界に属している人たちと、いかに薄く広くつながっていられるかということが、実はその人のポテンシャルになるといわれています。

 

私は最近、ビジネス関係の会議に行ったときに居並ぶ立派なおじさんたちに聞いていることがあります。

 

それは、「皆さんの中で、AKB48のメンバーを直接知っている方はいらっしゃいますか」というものです。

 

しかし、今まで「私はAKB48を直接知っています」という人に巡り合ったことはありません。

 

もし、そのような人がいたとすれば、私はこういおうと思っています。

 

それは、「あなたが2つのコミュニティを結ぶ補助線になることができるのです」ということです。そのようなところから何か新しいものが生まれる可能性があるわけです。

 

多くの仕事が、ウィークタイの結びつきから生まれるものです。

 

社会的に強いコミュニティや同じようなゾーンにいると、そこの中で脳が満足してしまいがちです。これが「安定」と呼ばれているものです。

 

ところが、ちょっと離れた人であったり、まったく違う分野の人と仕事をすることで脳は「ワクワク感」を演出し、その結果として、新しいお金を生み出したりイノベーションを起こすことができるようになるのです。

 

 

脳科学者
 

茂木 健一郎

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【教育】4月29日(月・祝)開催
医学部専門予備校が教える
「国公立/私立」医学部逆転合格の秘訣
本セミナー参加者に限定オファー&書籍プレゼント

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

※本連載は、茂木健一郎氏による著書『一生お金に困らない脳の使い方』(リベラル社)より一部を抜粋・再編集したものです。

一生お金に困らない脳の使い方

一生お金に困らない脳の使い方

茂木 健一郎

リベラル社

お金は脳が稼いでいる。金持ちは、脳の使い方がまったく違う!脳科学の視点から見た、人間が性として持っている、驚くべき脳とお金の深い関係性について解説。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧