(※写真はイメージです/PIXTA)

一生お金に困らないためには、どのような方法があるのか考えたことがある人も多いのではないでしょうか? 『一生お金に困らない脳の使い方』の著者である脳科学者の茂木健一郎氏によると、お金が集まる人の表情・振る舞いには共通点があるそうです。詳しくみていきましょう。

“無表情のイケメン”と“笑顔の普通の人”が食べ物を売ると…

私は、人との出会いや仕事ということにおいて、常に「楽しい感」の気配をつくることを心がけています。

 

楽しそうにしていると、自然に人が集まってくるものです。

 

以前、あるおもしろい実験の話を聞いたことがあります。

 

それは、すごいイケメンと普通の人が同じ食べ物を売るというものですが、そのとき、イケメンは笑わず無表情で売る、そして普通の人が笑顔で売ると、やはり笑顔で売っている人のほうに人は列をつくるというものでした。

 

これは脳科学的な視点から見ると、「何かこの人楽しそう」、あるいは「笑顔の人が売るもののほうが美味しそう」と脳が感じる共感回路の働きによるものです。

 

人は、相手の感情が移るものなので、「ぶすっ」としている人よりもニコニコ笑っている人のところに行ったほうが幸せに感じるわけです。

 

そして、「またあそこに行けば幸せになれるかもしれない」と思ってもらうところから、リピーターが生まれてくるのです。

 

また、接客するほうの人も、「来た人に幸せな気持ちになって帰ってもらう」という考えでいれば、おのずと上機嫌になってきます。

いつも上機嫌でいれば人もお金も集まってくる

私はいろいろな人と対談する機会に恵まれるのですが、そのとき最も意識するのは、相手の1番いいところを引き出すということです。

 

そのためには、やはり自分自身が上機嫌に振る舞うことが何よりも大切だと考えています。相手に「この人はおもしろそうだな」と思ってもらえれば、人は集まってきます。人が集まってくるということは、そこにお金も集まってくるということになるのです。

 

さらにいえば、今はSNSの発達もあり、人と人、企業と企業がつながりやすい時代です。このようなネットワーク社会においては、コミュニティこそがお金を生むものだと考えます。

 

だからこそ、やはり上機嫌にしているとお金が集まってくるというのは、きっと正しいことなのだと思います。

 

 

脳科学者
 

茂木 健一郎

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【教育】4月29日(月・祝)開催
医学部専門予備校が教える
「国公立/私立」医学部逆転合格の秘訣
本セミナー参加者に限定オファー&書籍プレゼント

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

※本連載は、茂木健一郎氏による著書『一生お金に困らない脳の使い方』(リベラル社)より一部を抜粋・再編集したものです。

一生お金に困らない脳の使い方

一生お金に困らない脳の使い方

茂木 健一郎

リベラル社

お金は脳が稼いでいる。金持ちは、脳の使い方がまったく違う!脳科学の視点から見た、人間が性として持っている、驚くべき脳とお金の深い関係性について解説。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録