これは知るべき…災害発生時、約9割の人が「逃げ遅れる」意外な理由【元レスキュー隊員が解説】

これは知るべき…災害発生時、約9割の人が「逃げ遅れる」意外な理由【元レスキュー隊員が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

元レスキュー隊員として「助かる命を助けるために」をテーマに、防災YouTubeチャンネル「RESCUE HOUSE」を運営するタイチョー氏。本連載では、同氏の著書『消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典』(2022年刊行、KADOKAWA)より一部を抜粋し、自分や大切な人の命を守る知識やテクニックを紹介します。今回解説するのは「災害が起きたとき、だれもが逃げ遅れる理由」。「いざ、そのとき」のあらゆる災害から命を守るために、知っておきましょう。

運動神経が良くても、災害に気づいていても「逃げ遅れる」ワケ

災害から逃げ遅れる理由は、「災害に気づいていないから」「運動神経がよくないから」ではありません。

 

「自分は大丈夫」「まだ大丈夫」といったように、異常なことが起こった際に心を落ち着かせようとする安定機能(正常性バイアス)が働いたり、突然の出来事にショックを受け、何もできない状態(凍りつき症候群)になったりすることが理由です。

 

緊急時でも冷静に判断して行動できるように普段から訓練することが大切です。

 

---------------------------------------------------------

【参考】落ち着いて行動できる人は10人中1人

予期せぬ災害にあったとき、次の3つの行動をとる人がいるとする研究結果があります。

 

●落ち着いて行動できる人…10~15%

●我を失って泣き叫ぶ人…15%以下

●ショックでぼう然となる人…70~75%

---------------------------------------------------------

消防レスキューがやっている訓練方法

災害が発生したときに冷静に行動できるように、普段からできる訓練方法を紹介します。

 

①だれかの「大丈夫」は信じないこと。

⇒自分の違和感に敏感になり、安全を自分の目と災害のプロ(ニュースや消防士など)の目で確認できるまでは、安全な場所に逃げる癖をつけることが大切です。

 

---------------------------------------------------------

【参考】他人の行動に影響を受けない!

災害時には周囲の様子をうかがって避難が遅れ、他人が間違った行動をしていることに気づかず、安全を確認しないまま同じ行動をとってしまう危険があります。自分の目で安全を確認する意識を持つことが大切です。

---------------------------------------------------------

 

②防災イベントや防災センターに行ったり消防訓練に参加したりして、危機管理能力をあげること。

⇒過去に起きた大災害の被害を知り、地震体験や煙の恐怖体験などを通じて、被災したことがなくても災害の危険を知ることで、正常性バイアスをコントロールできるようになります。
 

 

---------------------------------------------------------

【ワンポイント】助かる命を助けるために…

「あれ、いつもと違う?」と感じたら、安全を確かめつつ、避難行動をとる。

---------------------------------------------------------

 

 

タイチョー

株式会社VITA 代表取締役

元大阪市消防局職員/防災アドバイザー

 

元レスキュー隊員として「助かる命を助けるために」をテーマに、防災YouTubeチャンネル「RESCUE HOUSE」を運営。災害現場のリアルな声とともに、災害大国ニッポンならではの「気づき」を日々発信している。YouTube登録者29.5万人(2024年2月時点)。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】2月28日(水)開催
【マレーシア現地から中継!】
〈リスク低減〉と〈高い利回り〉を両立する
「海外民泊投資」新必勝法!

 

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

 

【海外活用】3月2日(土)開催
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する
「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、タイチョー氏の著書『消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

    消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典

    消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典

    タイチョー(著)
    みぞぐちともや(イラスト)

    KADOKAWA

    【「いざ、そのとき」のあらゆる災害から命を守る】 自然災害・人災・日常の事故やトラブル…。「もしも」のときに備えて知っておくべき【58の対処法】を紹介! 数々のレスキュー現場で救助してきたレスキュー隊員だから…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ