(※写真はイメージです/PIXTA)

令和4年4月より、老齢年金の繰下げ受給の上限年齢が70歳から75歳に引き上げられました。受給時期を後ろ倒しにして受給額を増やすこの方法は、“長生きリスク”への予防策として注目されています。しかし当然、良いことばかりではありません。そこで今回、株式会社よこはまライフプランニング代表取締役の井内義典CFPが、繰下げ受給を選択したAさん(72歳)の例をもとに、年金受給についての注意点を解説します。

年金繰下げ受給は“悪手”なのか?

否…繰下げをしたほうが手取り額も多く「長生きリスク」に備えられる

しかし、Cさんの年金の手取額を聞いた瞬間、Aさんは「そんなに少ない年金で本当に大丈夫か? 自分だったら安心できないな……」「物価が上がるとちょっと心配だし、年金だけで足りなくなったら働かないと生きていけないのではないか」という疑問も出てきました。

 

ケガをしてしまった結果、家にこもりがちになりネガティブ思考に陥っていたAさんでしたが、同級生と話したことで自分を客観視することができました。その結果、「繰下げをすると税金や社会保険料の負担は大きいけど、手取りが多いのは確かだ」「足を痛めてしまった自分の場合、働いて稼ぐなんて難しいし……Cが言うように『いつ死ぬかわからない』けれど、長生きする可能性もある。その場合は年金が多いほうが安心じゃないか」「それに年金が多いほうが、自分の医療費や介護費用のことで妻や息子たちに余計な負担を掛けなくていい。やっぱり繰下げ受給して良かったのかもしれない」と感じるようになったそうです。

 

年金は「長生きした際の保険」…受け取る前に「メリット・デメリット」を整理する

公的年金は終身で受給できることから、長生きした際の保険となります。

 

Aさんは繰下げ受給を選択した以上、もうその取り消しはできません。税金や社会保険料の負担を感じ、足の治療費もかかり、ゴルフも自由にはできなくなってはいますが、Aさんはゴルフ以外の別の楽しみをこれから見つけることにして、老後の生活を送ろうと考えるようになったそうです。

 

年金を繰下げするかしないかは、老後の計画、資産状況だけでなく、お金に対する価値観も影響しますが、受給開始時期を選択するにあたって、繰下げのメリットとデメリットは整理しておきたいところでしょう。

 

 

井内 義典

株式会社よこはまライフプランニング代表取締役

特定社会保険労務士/CFPⓇ認定者

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】2月28日(水)開催
【マレーシア現地から中継!】
〈リスク低減〉と〈高い利回り〉を両立する
「海外民泊投資」新必勝法!

 

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

 

【海外活用】3月2日(土)開催
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する
「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

 

あなたにオススメのセミナー

    ※個人情報保護のため、登場人物の情報は一部変更しています。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ