(※写真はイメージです/PIXTA)

日本に渦巻く老後不安。「年金」「給与」は国民の最大の関心事となっています。『国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通し』(厚生労働省・2019年)などのデータとともに実態を見ていきます。

「平均手取り収入35万円」を基にした「年金額」の算出

公的年金の給付水準を示す指標を「所得代替率」といいます。現役世代の男性の平均手取り収入額に対する年金額の比率より算出されますが、『国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通し』(厚生労働省・2019年)では、男性の平均手取り額を下記のように規定しています。

 

“所得代替率 =(夫婦2人の基礎年金 + 夫の厚生年金)/ 現役男子の平均手取り収入額
61.7%=(13.0万円+9.0万円)/35.7万円”

 

平均手取り収入額35.7万円。「そんなに手取りもらってないよ…」と思うサラリーマンも少なくないことでしょう。

 

国税庁『民間給与実態統計調査』(令和4年分)によると、平均給与は458万円。正規社員523万円、非正規社員201万円となっています。平均給与458万円というと、月換算で38万円ほど。手取りでは30万円ほどとといったところ。ボーナスが多ければさらに下がります。

 

では年金の実情はどうなのでしょうか。

 

厚生労働省『令和3年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』では「年齢別老齢年金受給権者数及び平均年金月額」を調査しています。厚生年金保険(第1号)受給者数は3,588万人。厚生年金保険(第1号)受給者の平均年金月額は、老齢年金が14万5,665円です。下記が年齢別の平均年金月額です。

 

【60代】

60歳・・・8万7,233円

61歳・・・9万4,433円

62歳・・・6万1,133円

63歳・・・7万8,660円

64歳・・・7万9,829円

65歳・・・14万5,372円

66歳・・・14万6,610円

67歳・・・14万4,389円

68歳・・・14万2,041円

69歳・・・14万0,628円

 

【70代】

70歳・・・14万1,026円

71歳・・・14万3,259円

72歳・・・14万6,259円

73歳・・・14万5,733円

74歳・・・14万5,304円

75歳・・・14万5,127円

76歳・・・14万7,225円

77歳・・・14万7,881円

78歳・・・14万9,623円

79歳・・・15万1,874円

 

【80代】

80歳・・・15万4,133円

81歳・・・15万6,744円

82歳・・・15万8,214円

83歳・・・15万9,904円

84歳・・・16万349円

85歳・・・16万1,095円

86歳・・・16万2,007円

87歳・・・16万1,989円

88歳・・・16万952円

89歳・・・16万1,633円

 

なお、厚生年金の受給額のボリュームゾーンは「9~10万円」「10~11万円」でそれぞれ約113万人。次いで「17~18万円」が約104万人、「11~12万円」が約103万人と続きます。

次ページ「このままだと潰れてしまいます」…国も悲鳴

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ