お金持ちは一体どんなことにお金を使っているのでしょうか? ファイナンシャルプランナーの立川健悟氏は著書『お金持ちは合理的』(すばる舎)のなかで「投資にお金を使うことで資産も自分も成長させる」と言っています。これはどういうことでしょうか? 具体的な説明を本書から一部抜粋して紹介していきます。

銀行に預けるだけの人、投資を始める人

「お金を使う先はすべて投資先」と言う人がいるほど、お金持ちの投資に対する意識と意欲は高く、一般の方のそれとは比べ物になりません。

 

この記事で紹介する「投資」は、資産運用のための狭い意味での投資です。

 

お金持ちの具体的な投資先としては、株や債券といった金融商品はもちろん、飛行機や船舶などの現物、一棟マンションや沖縄の軍用地など国内外の不動産、著作権や特許の使用権などを私は見聞きしてきました。

 

投資未経験の方は、「投資って損をするリスクもあるんでしょう?」と及び腰になりがちです。もちろん、投資はお金が増えることが約束されているものではありませんが、今の時代、銀行にお金を眠らせておくほうがはるかにリスクが高いとも言えます。

 

現在の各銀行の普通預金金利は0.001%です。

 

預けたお金が利息によって倍になるのは、なんと7万2000年先です。

 

一方、たとえばGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)によって運用されている公的年金は、国が私たちの代わりに投資をしているわけですが、その収益率は年率3.5%を超えています。銀行の約3500倍のペースで運用されています。

 

毎月1万円を30年間積立てた場合

原資:1万円×12ヶ月×30年=360万円

 

金利0.001%の場合:360万539円(+539円)

 

金利3.5%の場合:635万4127円(+275万4127円)

 

このように、ただお金を銀行に預けているだけの人と投資をしている人の間には、これだけ大きな差が生まれるのです。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ投資は早く始めて長く続けるとリスクが減る

あなたにオススメのセミナー

    お金持ちは合理的

    お金持ちは合理的

    立川 健悟

    すばる舎

    著者は、前職の不動産テック企業の営業パーソンとして、地主や物件オーナーなど多くの「お金持ち」や「超・富裕層」の人と接する経験をしてきた。 それ以前は「ザ・庶民」で、銀行残高が100円以下になったことすらあるが、…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ