<火災保険>2024年に過去最大の13%値上げだが…それだけじゃない、今すぐ「火災保険の見直し」をすべき理由【保険に詳しいFPのアドバイス】

<火災保険>2024年に過去最大の13%値上げだが…それだけじゃない、今すぐ「火災保険の見直し」をすべき理由【保険に詳しいFPのアドバイス】

火災保険は、あまり知られていませんが、火災だけでなく、集中豪雨や台風、大雪といった自然災害や、日常生活での事故等、さまざまな損害をカバーしてくれます。本記事では、「火災保険」の補償内容や、2024年に控える保険料の改定等について、ファイナンシャルプランナー横川由理氏の著書『2024~2025年版 保険 こう選ぶのが正解!』(実務教育出版社)より一部抜粋してお伝えします。

誤解が多い…火災保険の「補償内容」

持ち家でも、賃貸にお住まいでも火災保険には加入しておくべきです。なぜなら、自分が火事を起こすリスクはもちろん、近隣からの「もらい火」に対しても、火災保険で備える必要があるからです。もらい火で自分の家が燃えてしまっても、法律上、火元人へ損害賠償を請求することができないのでです。

 

また、火災保険というと、火事しか補償されないイメージがありますが、集中豪雨や落雷をはじめ台風、雪による災害、そのほか破裂や爆発など、さまざまな事故を補償しています。実は火事よりも災害のほうが保険金の支払いが多いのです。

 

災害にあって困るのは建物だけではありません。家財道具を一式、買い直すにはまとまったお金が必要になります。建物よりも、家財のほうが被害を受けやすいともいえます。放水で家財が水浸しになったり、落雷でテレビやパソコンが壊れたという話もよく聞きます。

 

火災保険は「建物」と「家財」は別々に入るしくみですから、家財への保険の有無を確認しておきましょう。地震の場合にも、建物より家財への被害のほうが圧倒的に多いのです。

 

火災保険のタイプは、水災や盗難が補償される通常のタイプとエコノミータイプ(保険会社によって名称は異なる)の2つがあります。最近では、テレビを落として壊したなど不測かつ突発的な事故にも備えることができます([図表1]参照)。

 

[図表1]火災保険の補償内容

 

なお、火災保険にも、自動車保険と同様に「個人賠償責任保険特約」や「弁護士費用特約」を付加することが可能です。

 

個人賠償責任保険特約は、日常生活で誤って他人を死傷させたり、他人の物を壊したりして損害賠償責任を負った場合を補償するものです。また、弁護士費用特約は、自分が被害を受けた場合に、相手方(加害者)に対し損害賠償責任をするための弁護士費用・法律相談の費用を補償するものです。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ災害激増、2024年の保険料値上げに備え「見直し」と「長期契約」がおすすめ

あなたにオススメのセミナー

    2024~2025年版 保険 こう選ぶのが正解!

    2024~2025年版 保険 こう選ぶのが正解!

    横川 由理

    実務教育出版社

    保険会社や来店型ショップではぜったいに教えてくれない保険の裏ワザが満載!

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ