【絶対に解けない】慶応大法学部がしれっと出題「クリミア戦争後、アレクサンドル2世が『大改革』の一環でロシア各地に設置した地方自治機関は?」

【絶対に解けない】慶応大法学部がしれっと出題「クリミア戦争後、アレクサンドル2世が『大改革』の一環でロシア各地に設置した地方自治機関は?」
(※写真はイメージです/PIXTA)

本連載では、受験世界史研究家・稲田義智氏の著書『絶対に解けない受験世界史3』(パブリブ)より一部を抜粋し、大学入試で実際に出題された世界史の「難問」を紹介していきます。本書における難問とは、「一応歴史の問題ではあるが、受験世界史の範囲を大きく逸脱し、一般の受験生には根拠ある解答がおおよそ不可能な問題」。受験生から一般の歴史好き、腕に覚えのある方に至るまで、ぜひチャレンジしてみてください。

「2019年度 慶應義塾大学 法学部」で出題

-----------------------------------------------------------

問題3 アレクサンドル2世は,クリミア戦争後、「大改革」を実施し,その一環としてロシア各地に地方自治機関(53)(54)を設置した。

 

32. ゼムストヴォ  33. ソヴィエト  38. ドゥーマ  54. ミール  64. レーテ

(編註:関係のある選択肢のみ抜粋)

-----------------------------------------------------------

解答解説

■「入手困難な教科書にしか載っていない用語」を出す、という悪魔のような作問

山川の『新世界史』にだけ記載があるシリーズ。念のため説明すると、7冊ある検定教科書のうち、他が万単位の部数で発行されているところ、この『新世界史』だけは5千部しか出ていない。要するに採用している高校がほとんどなく、教員や塾・予備校講師しか持っておらず、そもそも入手困難ということである。

 

にもかかわらず『新世界史』にしか収録が無い用語がかなりあり、しかも本来それを頻度①*として拾うべき用語集が(おそらくわざと)拾っていないので、受験生にとっては事実上範囲外であるにもかかわらず、大学側は範囲内外のグレーゾーンとして出題できてしまう、悪魔のような存在が『新世界史』である。

 

(*用語集頻度…用語集では、収録された用語の横には丸数字がついており、これが検定教科書に載っていた数を示している。たとえば「シュメール人⑦」であれば、7冊の教科書に「シュメール人」という記載があることを示す。)

 

特に慶應大の法学部と文学部は近年『新世界史』にしか載っていないシリーズを多用してきており、もはや「慶大法学部・文学部対策として『新世界史』は買って読んでおいても損は無い」レベルになってしまった。非常に良くない現象であるので、本企画『絶対に解けない受験世界史』ではこのシリーズを基本的に収録対象としている。

 

■正解は「ゼムストヴォ」

前振りが長くなってしまったが、閑話休題。正解はゼムストヴォ。食糧管理や道路整備、郵便などの民生面での地方自治の達成が目指され、権限は弱かったものの、ロシアの地方自治の出発点としてロシア社会に与えた影響はそれなりに大きかったらしい。ドストエフスキーやトルストイの小説を読んでいるとそれなりの頻度で登場して上述のような注がついているので自然と覚えるが、そういう事情で覚えていた受験生がいたら文学青年として極めて有望株である。ほとんどの受験生はミールと間違えたと思われる。

 

 

稲田 義智

受験世界史研究家

 

受験世界史研究家。東京大学文学部歴史文化学科卒。世界史への入り口はコーエーの『ヨーロッパ戦線』と『チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV』だったが、実は『ファイナルファンタジータクティクス』と『サガフロンティア2』の影響も大きい気がする。一番時間を費やしたゲームは『Victoria(Revolution)』。ゲームしかしていなかった人生だったが、奇縁にて『絶対に解けない受験世界史シリーズ』(パブリブ刊)を出すことになった。楽しい執筆作業だったが、ちょっと当分入試問題は見たくない。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】2月28日(水)開催
【マレーシア現地から中継!】
〈リスク低減〉と〈高い利回り〉を両立する
「海外民泊投資」新必勝法!

 

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

 

【海外活用】3月2日(土)開催
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する
「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、稲田義智氏の著書『絶対に解けない受験世界史3』(パブリブ)より一部を抜粋・再編集したものです。

    絶対に解けない受験世界史3

    絶対に解けない受験世界史3

    稲田 義智

    パブリブ

    悪問・難問・奇問・出題ミス…大学入試にはたびたびこれらの「誰にも解けないような問題」が登場し、受験生を悩ませてきました。 しかし、2017年に前作『絶対に解けない受験世界史2』を出版して以来、早稲田や慶應では悪問…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ