金融、投資コンサルタントの永田雄三氏は著書『1000万円を貯めた女子100人がやったこと、やめたことリスト』(日経BP)の中で、「1000万円貯めた女子がやめたことの2位は家計簿をつける」と伝えています。一体なぜこれをやめた方がいいのでしょうか? その理由を本書から一部抜粋して紹介します。

「家計簿をつけてよかった」派の言い分

今回のアンケートで、「やってよかった」と「やっても意味がなかった」に大きく分かれたのが、この「家計簿をつける」でした。

 

実は、この結果は、極めて予想通り。その理由から、お話ししていきましょう。

 

まず、「家計簿をつけてよかった」派。

 

「やってよかった」と口をそろえる人たちに話を聞くと、家計簿をつけ始める前のお金の管理に、ある傾向が見られました。

 

それは、「とりあえず、手持ちのお金で生活して、お金が余ったら貯金しよう」と思っている人が多かったこと。そして、実際にその方法で貯金ができていた人は、ほんの数パーセントにすぎませんでした。

 

そんな彼女たちの傾向は、「じゃあ、あなたは毎月、何にいくら使っているの?」と尋ねると、さらに明らかになりました。

 

「えーと……携帯が、1万円くらい? 光熱費が……いくらでしょう? 」

 

「先月のカードの明細が……たしかこのあたりに……」

 

そう、自分の出費をほとんど把握していないのです。

 

こういった人たちが、試しに1カ月、だいたいでも家計簿をつけてみると、誰でも1つは驚くポイントがあるものです。

 

「自分が何にお金を使っているのかがわかった」「交際費がこんなに高いとは思っていなかった」「携帯に、インターネットに……家にそんなにいない割に、通信費ばかりかけていました」「服や化粧品が好きだけど、そうはいっても、収入の3割も使っていたとは……」などなど。

 

「お金を貯めたい」と思っている人たちは、自分のお金の使い方がわかると、極端な出費は自然と見直したくなります。

 

「外食や飲み会は“月に3回まで”と決めました」「携帯のプランを見直すことにしました」「ヨガのサブスクをやめて、回数券にしました」といった具合です。これで、ぐっと支出がおさえられます。

 

生活の見直しの中には、思い立ってすぐにできないこともあります。

 

でも、その間、家計簿をつけ続ければ、「早くこのムダな出費をなくしたい」というモチベーションが維持できるはずです。

 

家計簿をつけてみて、よかったですね。

次ページ「自分が何にお金を使っているのかがわかった」ら家計簿を卒業する

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、永田雄三氏による著書『1000万円を貯めた女子100人がやったこと、やめたことリスト』(日経BP)より一部を抜粋・再編集したものです。

    1000万円を貯めた女子100人がやったこと、やめたことリスト

    1000万円を貯めた女子100人がやったこと、やめたことリスト

    永田雄三

    日経BP

    「お金を貯めたい、増やしたい」と考えていても、 難しい、怖い、面倒くさいことばかりで なかなか行動できなかったりしませんか? 「実際、何から始めたらいいかもわからない……。」 というあなたの悩みにこたえて、…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ