認知症の妻に続き、亭主関白の78歳夫も「老人ホームに入居」も「ここから出たい!」と家族に訴えたワケ

認知症の妻に続き、亭主関白の78歳夫も「老人ホームに入居」も「ここから出たい!」と家族に訴えたワケ
※画像はイメージです/PIXTA

昭和の男を代表するような亭主関白だった78歳の植木進さん(仮名)。身の回りのことはすべて妻任せ、自分の介護も当然妻がするものと決めつけていたのですが、ある日、妻が認知症を発症し老人ホームに入居。残された植木さんも長女の勧めで老人ホームに入居することになりました。しかししばらく経ってから「退去したい」と訴えるようになったそうです。植木さんの身に何が起こったのでしょうか?

【富裕層のための高級老人ホーム特集】
施設情報、サービス・設備ランキング、コラム記事など充実のラインナップ>>>

※外部サイトに遷移します

 

【関連記事】
歌は健康増進に最適!「カラオケルーム」のある高級老人ホーム4選

着替えも爪切りも妻に頼っていた夫

料理や洗濯はおろか、着替えの準備も爪切りも妻に任せてきた植木さん。10歳年下の奥様との出会いはお見合いでした。亭主関白な植木さんに逆らうことなく、柔和な笑顔で50年間、世話を焼き続けた奥様でしたが、1年ほど前から家事がおろそかになってきました。植木さんが注意しても気にする様子はなく、ボーっとしている時間が増えていきました。

 

近所に住む長女は「お母さん認知症かもしれない」と言いますが、植木さんには妻がさぼっているようにしか見えませんでした。何しろ、自分は妻がいなければ生活できません。自分の介護も10歳若い妻がしてくれるものと思い込んでいたほどです。

認知症の妻に「ちゃんとしろ!」と怒鳴りつけてしまう日々

長女が精神科に連れていくと、その日のうちに「アルツハイマー型認知症」と診断が出ました。若年性ではありませんが、68歳とまだ若いので進行が早い可能性があると医師から言われ長女はショックを受けています。

 

植木さんは理解が追いつきません。あんなにしっかりしていた妻だったのに、ふつうの会話が成立しなくなっています。すでに知的な能力は小学生の低学年くらいと長女から説明されましたが、つい「おい、ちゃんとしろ!」と怒鳴りつけてしまいます。

徘徊が始まり、妻は特養へ。後悔で涙がこぼれた

しばらくは長女が日中は家事をしに来てくれていましたが、昼夜逆転や夜中の徘徊が始まり、面倒が見切れなくなり、長女の判断で奥様は特別養護老人ホームへの入所が決まりました。重度の認知症患者も受け入れてくれるところにたまたま空きがあったそうです。

 

自宅に一人になった植木さん。何がどこにあるかもわからず、長女の手を借りなければ生活が成り立ちません。夕方になって長女が帰宅すると虚しさが広がります。今になって「何もしてやれなかった」「頼ってばかりだった」と後悔が押し寄せ涙がこぼれました。

 

【12月7日(木)セミナー開催!】

フルローン×利回り7%超
リスク徹底排除で〈高利回り&安心経営〉を実現
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌
≫≫≫

次ページ一度も想像していなかった老人ホームへの入居に愕然

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、株式会社パセリが運営する「MY介護の広場 老人ホームを探す『高級老人ホーム特集』」内の記事を転載・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ