79歳の富裕層女性「郊外に素敵な老人ホームを見つけたわ」と意気揚々も…わずか「入居1ヵ月」で涙のワケ

79歳の富裕層女性「郊外に素敵な老人ホームを見つけたわ」と意気揚々も…わずか「入居1ヵ月」で涙のワケ
※画像はイメージです/PIXTA

3人の息子を育てあげ、現都内の高級住宅街で一人暮らしをしていた黒川良子さん(仮名/79歳)。介護が必要になったときのことを考え、元気なうちに自宅を売却し気に入った老人ホームに入居しようと実行に移したのですが、困ったことになっていると言います。

【富裕層のための高級老人ホーム特集】
施設情報、サービス・設備ランキング、コラム記事など充実のラインナップ>>>

※外部サイトに遷移します

 

【関連記事】
「家族が泊まれるゲストルーム付」高級老人ホーム3選 

余生は自然に囲まれて生きていきたい

長男と次男のお嫁さんとの相性が悪く、独身の三男は海外暮らしと、子どもたちとは疎遠になっていた黒川さん。1年前に夫が亡くなり一人暮らしになってから、この先の人生をどこでどう生きるか考えるようになっていました。

 

あるとき、新聞に掲載されていた老人ホームの広告に目が留まりました。自宅から電車で1時間以上かかる郊外ですが、山と湖が目の前に広がる自然あふれる環境です。子どもたちとのトラブルから解放され、余生はのんびりと自然に囲まれて過ごすのもいいなと思いを馳せました。数ヵ月後にオープン予定と書かれているので早速、問い合わせをしてみました。

2ヵ月後に完成予定の素敵な老人ホームを見つけた

建物が完成するのは2ヵ月後。モデルルームがあるというので見学に行くとバリアフリーに配慮され、使い勝手の良い間取りです。内装はシックで落ち着きますし、何より空気の美味しい最高の環境でした。黒川さんの趣味である絵画のレッスンにも力を入れる予定と聞き胸の高鳴りを感じたといいます。

 

「ここを終の棲家にしよう」と決断した黒川さんは、すぐに自宅の売却を不動産会社に頼みました。子どもたちは黒川さんとの折り合いが悪いだけでなく、兄弟間の仲も良くありません。「資産を残しても、きっと揉めるだろう」と予想ができたので、老人ホームに入居する前に、贈与を済ませてしまいたいと考えていました。

生前贈与で資産はすっきり。自宅も売却に成功

知り合いの弁護士と司法書士に相談し、銀行に預けてある現金や株は3人均等に生前贈与。自宅は売却。売却額で老人ホームの入居金や月々の利用料を払っていくことにしました。子どもたちも生きている母親の言葉には従わざるを得ず、納得してくれました。

 

幸いなことに立地に恵まれている自宅はすぐに売却できました。上物は古いので取り壊しになるそうですが、思い入れが強いわけでもなかったのですっきりした気分でした。自宅にあったものはほとんど処分し、老人ホームでは備え付けの家具を使うことにしました。わずかな洋服と趣味の絵画の道具を持って、いよいよ転居となりました。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ都会暮らしから自然に囲まれた環境への転換に後悔

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、株式会社パセリが運営する「MY介護の広場 老人ホームを探す『高級老人ホーム特集』」内の記事を転載・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ