【年金額を増やす!】定年後も働くと、厚生年金はどれぐらい増える?…「増える厚生年金の目安」早見表つき

【年金額を増やす!】定年後も働くと、厚生年金はどれぐらい増える?…「増える厚生年金の目安」早見表つき
(画像はイメージです/PIXTA)

会社員であれば、年金を増額するには繰り下げ受給以外にも、「65歳以降も働く」という方法があります。具体的に見ていきましょう。※本連載は、マネーコンサルタント・頼藤太希氏監修の書籍『定年後ずっとつかえるお金のルール』(宝島社)より一部を抜粋・再編集したものです。

年金の支給停止基準に注意して働こう

60歳以降も会社に勤めて厚生年金に加入して働く人は、収入と働く期間の長さによって増える年金額も変わります。どれくらい増えるかは、上の表を参考にしてみてください。

 

ただし、60歳以降は収入や老齢厚生年金の額が多くなりすぎると、一部または全部が支給停止になるため注意が必要です。老齢厚生年金の月額と総報酬月額相当額(月給+賞与の12分の1の額)の合計が48万円を超える期間は、老齢厚生年金(特老厚も対象)が減額されるというルールがあるからです。

 

これは、老齢厚生年金を繰り下げして実際にはもらっていない人にも適用されます。しかも、減額された分については、繰り下げ受給の増額対象になりません。

 

60歳以降も厚生年金に加入して働く人は、総報酬月額相当額と老齢厚生年金の合計が48万円を超えないように注意しましょう。老齢厚生年金は全額支給停止になると、「加給年金」も全額支給停止になります。また、繰り下げしても基礎年金部分しか増額しなくなります。

 

◆定年後も働くと厚生年金はどれくらい増える?

60歳以降も厚生年金に加入して働く人は、総報酬月額相当額と老齢厚生年金の合計が48万円を超えないように注意!

 

※(株)Money&You作成
[図表3]年間で増える厚生年金の目安(単位:万円) ※(株)Money&You作成

 

 知らないと損!

働きながら年金を受け取るときは、在職老齢年金の支給停止基準に注意

 

[図表4]在職老齢年金の支給底基準

 

 

頼藤 太希
株式会社 Money & You 代表

あなたにオススメのセミナー

    定年後ずっと使えるお金のルール

    定年後ずっと使えるお金のルール

    監修:頼藤 太希

    宝島社

    定年前後は、間違えると大変なお金に関することがたくさんあります。 本誌では「iDeCoとNISAを一度に解約しない」「うかつに年金の繰上げ受給をしない」など、退職金・年金の受け取り方から、社会保険・相続をどうするのかま…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ