FXで最も難しい!?「利益確定タイミング」を見極める方法

今回は、FXの取引で最も難しいと言われる「利益確定」のタイミングを見ていきます。※本連載は、個人投資家として活躍する田向宏行氏の著書、『臆病な人でも勝てるFX入門』(池田書店)の中から一部を抜粋し、FXで上手に利益を得る売買の方法を紹介します。

取引経験を積むなかで、自分なりの利確方法を見つける

FXはエントリーという入口と、損切りか利益確定(利確)という2つの出口(決済)があります。ここまでお話ししたようにエントリーと損切りの設定ができたなら、あとは利確をどこでするのかが問題です。

 

エントリーや損切りはチャートからタイミングや場所を見つけやすいのに対して、利確は最も難しいといわれます。ある意味、利確は損ではないので、どこでもいいともいえます。

 

なぜなら損失にさえならなければ、自分の資金は減らないので、もし建値で利確して損益がゼロであっても、いわばその取引がなかったことと同じで、資金には影響しません。ただ、それでは利益も積み上げられないので、取引経験を積むなかで自分なりの利確方法を見つけることが大事になってきます。

エントリー時の条件が崩れたら「利確」したほうが安全

そんな難しい利確ですが、絶対にやらなければならないこともあります。それはエントリーの条件が崩れたら利確する、ということです。

 

1時間足チャートに3本の移動平均線を表示して取引するなら、エントリー条件はロウソク足が3本の上か下になることでした。下記の図表ではA・C・Eの3カ所で3本の下になるのでエントリーします。しかし、B・D・Fでは21SMAの上側になり3本の下ではなくなっています。

 

[図表]利益確定はどこでする?

 

このように条件が崩れたら、利確したほうがいいでしょう。そうでないと、Fのように反転してしまうこともあります。ですから、条件が崩れたらその取引は降りたほうが安全なわけです。

 

イラスト:伊藤ハムスター 

個人投資家

大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。事業譲渡後の現在は個人投資家として活動している。2009年、ブログ「虹色FX」を開始。2010年から月刊「FX攻略.com」でコラムの連載を開始し、2011年3月からはディーラーズ・バトルでマーケットの動きについて発信している。 近年はFXセミナーの構成や放送局・出版社の構成・企画なども行う。
ブログ「虹色FX」:http://maru3rd.blog85.fc2.com/
Twitter:@maru3rd

著者紹介

連載FX初心者のための「移動平均線」の使い方

臆病な人でも勝てるFX入門

臆病な人でも勝てるFX入門

田向 宏行

池田書店

本書は、投資初心者でも安心して読めるFXの本です。「お金を増やしたい!」でも「投資なんて怖い!」という人に向けて、“慎重にお金を運用する方法”をじっくりと紹介しています。 また、「FXって何から始めたらいいの?」と…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧