FXで重要な「エントリー・タイミング」を見極める方法

今回は、移動平均線を使った基本的な売買のタイミングを紹介します。※本連載は、個人投資家として活躍する田向宏行氏の著書、『臆病な人でも勝てるFX入門』(池田書店)の中から一部を抜粋し、FXで上手に利益を得る売買の方法を紹介します。

エントリー・タイミングは「21SMAの近く」で

FX取引で方向性の次に大事なのが買う・売るのタイミング、つまりエントリー・タイミングです。

 

FXでは、相場にエントリーしてポジションをもったら、あとは損失で決済するか利益で決済するしかできません。エントリーがすべてなのです。

 

長期のトレンドが上昇であれば、値動きの方向は上で「買い」しか考えないのはお話ししたとおりです。このとき自分が取引に使う時間軸で一度21SMAに接近するか、時には下抜けたのに、再び21SMAを上抜けるタイミング、ここでエントリーします。下記の図表1でいえば、AまたCのところです。

 

[図表1]移動平均線を使ってエントリーする

 

ただし21SMA付近で下げ止まったのを確かめてからエントリーします。下げ止まりを確かめないとそのまま下げ続けるかもしれず、危険です。

 

例えば下記の図表2を見てみると、21SMAに沿った動きのなかでも、何度か21SMAに接近する場面があることがわかります。こうしたタイミングで買いエントリーすると、チャートのようにすぐに価格が上がっていき、利益が乗り始めます。

 

また、このチャートは1時間足ですが、より長い4時間足や日足で上昇トレンドになっているということが、前提としてあることを忘れないでください。

 

[図表2]よいエントリーポイントを探す

 

それでも、右端の最後の部分はうまくいきません。このようにセオリー通りでも、100%うまくいくことがないのがFXです。技術と経験を積み上げながら覚えていきましょう。

 

図表2を見てください。ちなみに、このようにうまく21SMAの近くで買いエントリーできず、もっと上がるだろうと期待して、上がっている最中(左の図の太い矢印付近)で買ってしまうと、その後下げる動きが起こります。つまり高値買いです。

 

 

波の頂点で買ってしまうと、一度底を打って上がってくるのを待たなくてはなりません。その底打ちの目安になりやすいのが21SMA付近となるわけです(図表2のA〜D)。

 

トレンドの終わりに備えて「損切り注文」を出しておく

21SMAに沿ったトレンドでもEのように必ず終わりが来ます。永久に続くトレンドはあり得ないので、最後は仕方がありません。全ての取引がうまくいくことはなく、必ず損する取引になることがある、というのはこうした相場の動きから避けようがないことだからです。

 

だから、いつかわからないトレンドの終わりに備えて損切り注文をしておきます。損切りについては、この先の連載で説明しますね。

 

損切り注文をしておかないと、Eのように下がる動きに転じた場合、下落トレンドなのに買っている逆張りになってしまいます。損失額が大きくなってくると損切りすることが怖くなり、さらに損失が拡大します。

 

こうして多くの初心者がFXから退場することになるのです。こうした事態を避けるためにも、損切りは利益を得るための経費として必ず設定しなくてはなりません。

 

 

このエントリー・タイミングを完璧にすることはプロでも難しいものです。トレンド相場なら多少のエントリーのミスはトレンド相場が助けてくれます。しかしタイミングが悪いとトレンド相場であってもすぐに利益にならずにマイナス評価の時間が長くなります。

 

このマイナス評価が拡大していくと、誰でも不安になります。これは精神衛生上よくありませんね。そうしたポジションが苦しいとき心を支えてくれるのは、これまでの取引データです。

 

<キーワード>

 

マイナス評価

 

FXでは決済されたときにはじめて利益、もしくは損が確定するため、いまいくら儲けて・損しているかは計算上の損益としてでしか確認することができません。その際に「マイナス評価・プラス評価」というかたちで計算されるのです。評価額は口座の取引情報で確認できます。


イラスト:伊藤ハムスター

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

個人投資家

大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。事業譲渡後の現在は個人投資家として活動している。2009年、ブログ「虹色FX」を開始。2010年から月刊「FX攻略.com」でコラムの連載を開始し、2011年3月からはディーラーズ・バトルでマーケットの動きについて発信している。 近年はFXセミナーの構成や放送局・出版社の構成・企画なども行う。
ブログ「虹色FX」:http://maru3rd.blog85.fc2.com/
Twitter:@maru3rd

著者紹介

連載FX初心者のための「移動平均線」の使い方

臆病な人でも勝てるFX入門

臆病な人でも勝てるFX入門

田向 宏行

池田書店

本書は、投資初心者でも安心して読めるFXの本です。「お金を増やしたい!」でも「投資なんて怖い!」という人に向けて、“慎重にお金を運用する方法”をじっくりと紹介しています。 また、「FXって何から始めたらいいの?」と…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧