「家計資産」60代世帯平均4000万円超!「老後2000万円問題」って何? (※写真はイメージです/PIXTA)

物価高、インフレ懸念は日本人の老後生活を揺さぶり続けています。数年前、「老後2000万円問題」が話題になりました。この老後2000万円問題はキャッシュフローで見れば確かに2000万円足りませんでした。それを家計資産でみてみると老後生活は違った景色がみえてきました。

【オンライン開催(LIVE配信)】2/16(木) 開催決定
東京23区・駅近投資で資産防衛・相続対策!
高い資産価値を維持する「新築一棟賃貸マンション」
開業医のための「個人資産の増やし方」セミナー 詳しくコチラ>>>

70代以上は平均2318万円の貯蓄額

数年前、「老後2000万円問題」が話題になりました。老後資金が足りないというのは、総務省の「家計調査報告」から導き出された数字です。老後生活をキャッシュフローでみると年金だけでは足りないことは各種データからもハッキリしています。

 

総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)2021年(令和3年)」から、老後の収入や貯蓄の実態をみていきましょう。

 

まず、「家計調査報告」の調査より、2人以上世帯の平均収入をチェックしていきます。

 

▶2人以上世帯の平均収入

 

・平均:633万円
・20代:594万円
・30代:661万円
・40代:761万円
・50代:874万円
・60代:609万円
・70代以上:426万円

 

2人以上の世帯の平均年収は633万円。20代から50代にかけては、年齢が上がるにつれて世帯収入も増えています。50代の世帯収入は874万円でピークとなります。

 

一方、60代からは収入が大きく減少しています。60代609万円、70代以上は426万円まで減少していきます。

 

次に、世代別の貯蓄額と負債額を見ていきましょう。

 

▶2人以上世帯の年代別・平均貯蓄額

 

・平均:1,880万円
・20代:414万円
・30代:774万円
・40代:1134万円
・50代:1846万円
・60代:2537万円
・70代以上:2318万円

 

貯蓄額は年齢が上がるにつれて、増えています。40代からは1000万円台に乗り、50代1846万円、60代で2537万円となります。70代でも2318万円の貯蓄額があります。

 

次に、負債額をチェックします。

 

▶2人以上世帯の年代別・平均負債額

 

・平均:567万円(513万円)
・20代:802万円(750万円)
・30代:1452万円(1374万円)
・40代:1172万円(1080万円)
・50代:692万円(618万円)
・60代:214万円(172万円)
・70代以上:86万円(62万円)

※カッコ内は住宅・土地のための負債(主に住宅ローン)

 

30代と40代の負債額が1000万円超となり、非常に多くなっています。この世代は住宅ローンを組んでいるために負債額が大きいと考えられます。

 

一方、年齢が上がるにつれて負債額は減っていきます。住宅ローンを完済して、負債額も急激に減っていきます。

 

このデータからは30代で住宅ローンを組み、50代までローンを返済をしている過程でこのような推移となっていると予想されます。

 

総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)2021年(令和3年)」データより作成。
総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)2021年(令和3年)」データより作成。

 

【衝撃データ】家計資産4000万円超!やっぱり高齢者世帯は金持ちだった?

 

それでは、貯蓄から負債額を引いた「純貯蓄額」をみていきましょう。

 

▶2人以上世帯の純貯蓄額(貯蓄-負債)の平均値

 

・平均:1,313万円
・20代:-388万円
・30代:-678万円
・40代:-38万円
・50代:1,154万円
・60代:2,323万円
・70代以上:2,232万円

 

純貯蓄額は20代~40代ではマイナスになっている一方、50代で一気に黒字に転じ、1000万円を超えます。

 

結婚や住宅の購入など、大きなイベントが起きるタイミングである30代は負債が最も大きくなっています。

 

しかし、その後は徐々に純貯蓄が増える傾向が見て取れます。60代で2323万円、70代以上で2232万円です。

 

金融広報中央委員会の調査「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]令和3年調査結果」から2人以上世帯の平均金融資産をみてみましょう。

 

▶2人以上世帯の平均金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

 

・平均:1563万円(中央値450万円)
・20代:212万円(中央値63万円)
・30代:752万円(中央値238万円)
・40代:916万円(中央値300万円)
・50代:1386万円(中央値400万円)
・60代:2427万円(中央値810万円)
・70代以上:2209万円(中央値1000万円)

 

 2月21日(火)開催 
富裕層を熟知した税理士が教える
経営者・企業オーナーが行うべき「資産運用」×「税金対策」とは?

~令和5年度税制改正も網羅~
 詳細はコチラ>>

あなたにオススメのセミナー

    GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

    著者紹介

    連載老後2000万円問題だけじゃない!本当はヤバい「定年後」

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ