2100年、海面は82センチも高くなる!?…世界各国が本気を出す「温室効果ガス排出量、いずれゼロへ」の取り組み (画像はイメージです/PIXTA)

喫緊の課題である温室効果ガスの削減の問題。世界各国は掲げられた目標をもとに、真剣な取り組みを行っています。私たちが暮らす日本では、これらの環境問題について、どの程度の人たちが関心を持っているのでしょうか。※本記事は、千葉商科大学教授・笹谷秀光監修の『大人が本当に答えられない!? ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑』(宝島社)より抜粋・再編集したものです。

世界各国が取り組んでいる、地球温暖化の問題

 【Q】 

 

日本がいま、力を入れている温室効果ガスの排出ゼロを目指す取り組みを何という?

①ニューカーボン  ②カーボンゼロ  ③カーボンニュートラル

 

人間の活動が活発になるにつれ、 温室効果ガスの放出量が増えています。地球の平均気温は上がり続けており、このまま何も対策をしなければ、2100年には気温が最大4.8度も上がるといわれています。

 

気温が上がったことで氷河がとけ、海面も高くなりました。この状態が続くと、2100年までに海面は最大82センチメートルも高くなるそうです。

 

地球温暖化により気候変動も起きています。動植物の生態系がくずれたり、異常気象が増えたりするなど環境に与える影響ははかりしれません。

 

2015年にはパリで温室効果ガス削減についての国際的な取り決めが話し合われました。地球温暖化をおさえるため、日本政府は温室効果ガスの排出量を2030年までに46%削減(2013年度比)、2050年には排出量を実質的にゼロにする「カーボンニュートラル」を達成すると宣言しました。

 

 

出典:環境省HPより 日本政府発表文書
出典:環境省HPより 日本政府発表文書

 

 【A】 

 

③カーボンニュートラル

 

~関連するSDGsの項目~

13 気候変動に具体的な対策を

 

環境問題への関心、日本人はどれくらい高い?

 【Q】 

 

日本の大人で環境問題に関心がある人は何%?

①15%  ②25%  ③35%

 

日本でも環境問題に対する意識は高まっています。しかし実際のところ、大人の意識はそれほど高いとはいえません。それが分かるのが、2019年に発表された日本企業の調査結果です。この調査はG7(主要7カ国)20代以上の700人を対象に行われました。

 

「あなたは環境問題にどれくらい関心がありますか」という質問に対し「関心がある」と答えた人はG7全体で53.9%。日本は25.0%で最下位でした。

 

世界には地球温暖化や森林破壊、動植物の全滅といった環境問題が山積みになっています。子どもたちはこうした問題に強い危機感をもっているのに、大人たちはどこか他人任せ。ですが、「環境を破壊したのは大人なのに、子どもに環境問題のツケが回ってくるのはおかしい」と子どもたちが声を上げることで、大人たちの意識はきっと変わるはずです。

 

現在の地球

 

出典:環境省HPより 日本政府発表文書
出典:環境省HPより 日本政府発表文書

 

 

 【A】 

 

②25%

 

~関連するSDGsの項目~

13 気候変動に具体的な対策を

17 パートナーシップで目標を達成しよう

 

 

 

笹谷 秀光
千葉商科大学教授 博士(政策研究)

 

あなたにオススメのセミナー

    千葉商科大学教授 博士(政策研究) 

    1976年、東京大学法学部卒業。77年に農林省(現農林水産省)入省。2005年に環境省大臣官房審議官、06年に農林水産省大臣官房審議官、07年に関東森林管理局長を経て08年に退官。同年、株式会社伊藤園に入社。取締役などを経て19年4月に退職。2020年4月より千葉商科大学教授。

    日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、日本パブリックリレーションズ学会理事、特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム理事、宮崎県小林市「こばやしPR大使」、文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」審査委員、未来まちづくりフォーラム実行委員長、日本光電工業株式会社社外取締役、PwC Japanグループ顧問。

    主な著書に『Q&A SDGs経営』(日本経済新聞出版)、『大人も知らない!? SDGsなぜなにクイズ図鑑』『SDGs見るだけノート』(ともに監修・宝島社)、『3ステップで学ぶ自治体SDGs』全3巻(ぎょうせい)など。企業や自治体などでSDGsに関するコンサルタント、アドバイザー、講演・研修講師として幅広く活躍中。

    〇笹谷秀光 公式サイト:https://csrsdg.com

    著者紹介

    連載大人もチャレンジ!「ニッポンのSDGs」を楽しく学ぶQ&A

    大人が本当に答えられない!? ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑

    大人が本当に答えられない!? ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑

    監修:笹谷 秀光

    宝島社

    現在、世界的に注目されている「SDGs(持続可能な開発目標)」をイラスト入りクイズで学べるSDGsの小学生向け入門書。 前作『大人も知らない!? SDGsなぜなにクイズ図鑑』に比べて、日本の問題を多く取り上げた「SDGSニッポン…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ