コロナ禍の「外出自粛のストレス」で…世界各国〈女性と子どもへの暴力急増〉の憂うべき事態 (画像はイメージです/PIXTA)

2020年以降、日本でも猛威をふるう新型コロナウイルスは、さまざまな局面に影響を及ぼしています。インフルエンザ感染者数にも影響したほか、外出自粛で在宅時間が増えたことによるストレスが、弱い立場の人に向けられるという、新たな問題を生んでいます。※本記事は、千葉商科大学教授・笹谷秀光監修の『大人が本当に答えられない!? ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑』(宝島社)より抜粋・再編集したものです。

新型コロナの影響で、インフルエンザはどうなった?

 【Q】 

 

2020年〜2021年にインフルエンザで病院にかかった日本人は何人?

①140人  ②1400人  ③1.4万人

 

毎年、冬になるとインフルエンザが大流行します。インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することで起こる病気です。世界中で年間29.1万人から64.6万人が亡くなる恐ろしい病気で、日本でも毎年1000万人以上が感染するといわれています。ところが新型コロナが大流行した2020年から2021年にかけての冬、インフルエンザで病院にかかった人は、わずか1.4万人だったのです。

 

インフルエンザは、南半球で流行したものが人の移動によって日本国内で広がるといわれています。しかし、2020年から2021年にかけてのシーズンは、新型コロナの感染対策として、外国人の日本への入国規制があったため、インフルエンザウイルスが持ち込まれませんでした。また、新型コロナ感染予防のため、多くの日本人がマスクをしたこと、手洗いを徹底していたことがインフルエンザの流行を抑えたと推測できます。1回の手洗いでウイルスを1万分の1にできるといわれています。病気を予防するためにも、ぜひ習慣化してください。

 

出典:厚生労働省HP、国立感染症研究所調査(2021年)、国立医薬品食品衛生研究所調査
出典:厚生労働省HP、国立感染症研究所調査(2021年)、国立医薬品食品衛生研究所調査

 

 

 【A】 

 

③1.4万人

 

~関連するSDGsの項目~

3 すべての人に健康と福祉を

 

新型コロナ以後、女性や子どもへの暴力が急増

 【Q】 

 

コロナ後、日本での女性や子どもに対する暴力は何倍に増えた?

①0.5倍  ②1.5倍  ③2倍

 

2020年に新型コロナウイルスが流行ってから、女性や子どもに対する暴力が増えています。世界ではコロナが流行ったとき、国民に対して厳しい外出禁止令が出された国もありました。この間の女性や子どもに対する暴力が、通常よりも増加傾向にあったことが分かっています。

 

日本も例外ではなく、内閣府男女共同参画局の調査によると、女性や子どもに対する暴力は1.5倍にも増えてしまいました。普段は会社に行っていた人たちが自宅にいるようになって、女性や子どもに対する暴力が増えてしまったと考えられます。また、コロナによって仕事を失ったり、状況が悪化し、不安やストレスがたまったことで、家族に当たってしまうことが増えたのも原因でしょう。

 

こうした暴力行為は、エスカレートすると大きな事件にもつながる可能性があり、日本でも、虐待によって子どもが亡くなってしまった、というニュースをたびたび目にすることがあります。

 

もしも暴力を振るわれたら、できるだけ早く警察や周囲の人に助けを求める必要があります。

 

出典:列国議会同盟(IPU)

出典:令和3年におけるストーカー事案及び配偶者からの暴力事案等への対応状況について(2021年)

 

 

 【A】 

 

②1.5倍

 

~関連するSDGsの項目~

5 ジェンダー平等を実現しよう

16 平和と公正をすべての人に

 

 

 

笹谷 秀光
千葉商科大学教授 博士(政策研究)

 

 

あなたにオススメのセミナー

    千葉商科大学教授 博士(政策研究) 

    1976年、東京大学法学部卒業。77年に農林省(現農林水産省)入省。2005年に環境省大臣官房審議官、06年に農林水産省大臣官房審議官、07年に関東森林管理局長を経て08年に退官。同年、株式会社伊藤園に入社。取締役などを経て19年4月に退職。2020年4月より千葉商科大学教授。

    日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、日本パブリックリレーションズ学会理事、特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム理事、宮崎県小林市「こばやしPR大使」、文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」審査委員、未来まちづくりフォーラム実行委員長、日本光電工業株式会社社外取締役、PwC Japanグループ顧問。

    主な著書に『Q&A SDGs経営』(日本経済新聞出版)、『大人も知らない!? SDGsなぜなにクイズ図鑑』『SDGs見るだけノート』(ともに監修・宝島社)、『3ステップで学ぶ自治体SDGs』全3巻(ぎょうせい)など。企業や自治体などでSDGsに関するコンサルタント、アドバイザー、講演・研修講師として幅広く活躍中。

    〇笹谷秀光 公式サイト:https://csrsdg.com

    著者紹介

    連載大人もチャレンジ!「ニッポンのSDGs」を楽しく学ぶQ&A

    大人が本当に答えられない!? ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑

    大人が本当に答えられない!? ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑

    監修:笹谷 秀光

    宝島社

    現在、世界的に注目されている「SDGs(持続可能な開発目標)」をイラスト入りクイズで学べるSDGsの小学生向け入門書。 前作『大人も知らない!? SDGsなぜなにクイズ図鑑』に比べて、日本の問題を多く取り上げた「SDGSニッポン…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ