一般家庭からも「大量の二酸化炭素」が…各国が本気で迫られる〈脱炭素〉への取り組み (※写真はイメージです/PIXTA)

日本の一般家庭も、大量の二酸化炭素を排出しています。地球温暖化を食い止める「脱炭素」への取り組みは、大企業だけの課題ではありません。世界の中で、日本のエネルギー消費量や二酸化炭素の排出量は何番目になるでしょうか。※本記事は、千葉商科大学教授・笹谷秀光監修の『大人が本当に答えられない⁉ ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑』(宝島社)より抜粋・再編集したものです。

電気が不足すれば、医療や産業の発展の足かせに

 【Q】 

 

日本は世界で何番目にエネルギーを消費している?

①5位  ②15位  ③30位

 

世界には電気を使えない人が7億5900万人もいます。電気がなければ、夜に勉強したり、本を読むことはできません。また、電気がなければ街灯もつきませんから、夜の道を歩くのはとても危険です。これらの国々では電気がないために、医療や産業もなかなか発展しません。

 

一方、日本では、災害などのトラブルがない限り、電気の使用に関してあまり困ることはない印象です。私たちの家は、夜になっても電気をつければ部屋が明るくなりますし、寒くなったり暑くなったりすれば、エアコンで快適に過ごすことができます。そのせいか、日本は世界でも5番目にエネルギー消費が多い国です。限りある資源ですので、こまめにスイッチを切るなど、節電の対策が今後、必要不可欠なのです。

 

出典:SDGs報告書(2021)

 

 

 

 【A】 

 

①5位

 

~関連するSDGsの項目~

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

 

日本人の生活、想像以上に二酸化炭素が発生している!

 【Q】 

 

日本で発生している二酸化炭素は25mプール何杯分?

①333杯分  ②33万杯分  ③333万杯分

 

近年、世界で集中豪雨や大型台風などの自然災害が増えています。こうした災害を引き起こしているのが、地球温暖化です。二酸化炭素が主な原因といわれており、日本は世界で5番目に多く二酸化炭素を排出しています。25mプールであらわすと、何と333万杯分もの量になります。

 

二酸化炭素は石炭や石油、天然ガスを燃やすことでうまれるもの。重工業生産や車や飛行機といった交通機関が代表的ですが、決してそれだけではありません。家庭においても、暖房や給湯、照明などの家電製品からたくさんの二酸化炭素が排出されているのです。この二酸化炭素の排出量をゼロにすることを目指す取り組みを脱炭素と呼びます。

 

 

出典:世界の二酸化炭素(CO2)排出量 国別ランキング・推移(IEA)
出典:世界の二酸化炭素(CO2)排出量 国別ランキング・推移(IEA)

 

 【A】 

 

③333万杯分

 

~関連するSDGsの項目~

13 気候変動に具体的な対策を

 

 

笹谷 秀光
千葉商科大学教授 博士(政策研究)

 

あなたにオススメのセミナー

    千葉商科大学教授 博士(政策研究) 

    1976年、東京大学法学部卒業。77年に農林省(現農林水産省)入省。2005年に環境省大臣官房審議官、06年に農林水産省大臣官房審議官、07年に関東森林管理局長を経て08年に退官。同年、株式会社伊藤園に入社。取締役などを経て19年4月に退職。2020年4月より千葉商科大学教授。

    日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、日本パブリックリレーションズ学会理事、特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム理事、宮崎県小林市「こばやしPR大使」、文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰」審査委員、未来まちづくりフォーラム実行委員長、日本光電工業株式会社社外取締役、PwC Japanグループ顧問。

    主な著書に『Q&A SDGs経営』(日本経済新聞出版)、『大人も知らない!? SDGsなぜなにクイズ図鑑』『SDGs見るだけノート』(ともに監修・宝島社)、『3ステップで学ぶ自治体SDGs』全3巻(ぎょうせい)など。企業や自治体などでSDGsに関するコンサルタント、アドバイザー、講演・研修講師として幅広く活躍中。

    〇笹谷秀光 公式サイト:https://csrsdg.com

    著者紹介

    連載大人もチャレンジ!「ニッポンのSDGs」を楽しく学ぶQ&A

    大人が本当に答えられない!? ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑

    大人が本当に答えられない!? ニッポンのSDGsなぜなにクイズ図鑑

    監修:笹谷 秀光

    宝島社

    現在、世界的に注目されている「SDGs(持続可能な開発目標)」をイラスト入りクイズで学べるSDGsの小学生向け入門書。 前作『大人も知らない!? SDGsなぜなにクイズ図鑑』に比べて、日本の問題を多く取り上げた「SDGSニッポン…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ