急激な「ドル高円安」の背景は?…米ドル価格〈戦後から現在〉の流れから追ってみた (※写真はイメージです/PIXTA)

急激なドル高円安相場が続いています。日銀が安定化を図るべく介入しているとの話もあり、関係者は固唾を呑んで見守っている状況です。さて、米ドル価格ですが、戦後1ドル360円の固定相場制から変動相場制になり、以降は様々な事象に影響を受けて変化しています。これまでの米ドルの価格推移をふりかえるとともに、今回のドル高円安の背景を探ります。経済評論家の塚崎公義氏が平易に解説します。

戦後は「1ドル=360円」の固定相場だった

為替レートというのは、本来「通貨と通貨の交換比率」のことなのですが、米ドルの値段のことを指す場合が多くあります。今回は、米ドル(以下、ドルと記す)の値段の推移を振り返ることにします。

 

戦後は、1ドル360円の固定相場でした。法律でドルの値段が決まっていたので、毎日ニュースを見る必要がなかったわけですね。

 

立法者が1ドルを360円と決めたということは、日本と米国の物価が同じになるのは1ドルが360円のときだと考えたからでしょう。為替レートを考える際に最も重要なのは「日本と米国の物価が同じになるようにドルの値段が決まるべきだ」ということです。

 

日本でシャツが360円、米国でシャツが1ドルで売っているときに、1ドルは1円だという法律ができたら大変です。日本人が銀行でドルを買って米国までシャツを買いに行くでしょうから、日本のシャツがまったく売れなくなってしまいますし、銀行が持っているドルが売り切れてしまうでしょう。そうならないためには「1ドル=360円」と決める必要があった、というわけですね。

「固定相場性は、もうやめて」米国政府からの要求

しかし、固定相場制は1973年に終わります。日本製品が米国製品より安くなり、日本からのシャツの輸出が増えて米国のシャツ会社が困り、米国政府が日本政府に固定相場性をやめるように要求してきたからです。

 

米国では、戦争中から立派な機械でシャツを作っていましたから、シャツの値段は1ドルのまま一定でした。一方で、日本では戦後の焼け野原でシャツを手縫いしていたときに360円かかっていたコストが、ミシンが導入され、さらに立派な機械が導入されると、安く作れるようになっていったのです。

 

そこで、日本政府は固定相場制の法律を廃止し、ドルの値段も一般の物価と同じように需要と供給で決まる(買い注文と売り注文の量が同じになるように決まる)という制度に変更したのです。

 

これは、毎日ドルの値段を調べなければならない面倒はありますが、米国の大統領にとっては便利な制度でした。日本企業が立派な機械を導入してシャツを安く作れるようになると、日本から米国へのシャツの輸出が増えますが、そうなると日本のシャツ会社が米国から持ち帰ったドルを銀行に売りに行くので、ドルの値段が下がります。

 

したがって、日本から米国へのシャツの輸出が増え続けることはなく、米国のシャツ会社もそれほど困らずにすむ、というわけです。

 

日本は、高度成長期や安定成長期に多くの工場を建て、よい製品を安く作れるようになっていきましたから、米国向けの輸出が増え、それにつれてドルの値段は次第に安くなっていきました。1995年には1ドルが80円になったのです。

 

そのあいだ、ドルの値段は大きな方向としては下がっていきましたが、上がる時期もあり、大きく下がる時期もありました。とくに注目すべきは、1985年にプラザ合意という会議があり、その後の3年間でドルの値段が半分になる、という大きなできごとです。

 

プラザ合意後の急激な円高は、日本経済に大きな変化をもたらしました。ひとつには、海外からの製品の輸入が増えるようになったことですが、もうひとつにはバブルが発生したことです。バブルについては、別の機会に詳述しましょう。

 

あなたにオススメのセミナー

    経済評論家

    1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

    著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

    趣味はFacebookとブログ。

    著者紹介

    連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ