【初めての相続】手続きの手順やよくあるミス・注意すべき点などを分かりやすく解説! (※写真はイメージです/PIXTA)

相続には十人十色の事情があり、場合によっては家族や親族同士の関係を壊してしまうこともあります。そうした事態を避けるためにはどうすればよいのでしょうか。相続に必要な知識や相続を円満に進めるコツについて、相続・終活に関する情報を発信するwebサイト『円満相続ラボ』の記事から、一部編集してお届けします。

【12月11日(日)開催セミナー】

減価償却・節税効果!これから注目すべき作家は?現代アート投資

いま、日本での『美術品投資』がおすすめな理由

 

「相続」の定義

前提として、相続とは、個人が死亡した場合に、その者の有していた財産上の権利義務をその者の配偶者や子など一定の身分関係にある者に承継させる制度のことです。この場合、財産上の権利義務を承継される者のことを「被相続人」といい、これを承継する人を「相続人」といいます。

 

遺産とは、亡くなった人が残した財産のことを指す言葉です。

 

相続時に最低限行うこと、確認することとしては、戸籍の収集を行い相続人を確定することです。また、遺産に土地や不動産がある場合は、不動産登記の内容を確認することも大切です。

どのようなモノが相続の対象となる?

相続には大きく分けてプラスの財産とマイナスの財産の2つがあります。

 

【プラスの財産】積極財産とも呼ばれる

  • 不動産関連:宅地、山林、倉庫、駐車場などの所有と管理の権利、その他建物の借地権、地上権など
  • 動産関連:車、家具など家庭用財産、事業運営に必要な器具、機械などの事業用財産など
  • 金融関連:現金、預貯金、国債、証券、株券など
  • その他、相続人のプラスとなる積極財産の例:電話加入権、ゴルフ会員権など

 

【マイナスの財産】消極財産とも呼ばれる

  • 買掛金
  • 借入金などいわゆる「借金」
  • 保証金、預り金など「保証債務」
  • 所得税、住民税など「未払いの公租公課」
  • 家賃、医療費、光熱費など各種「未払金」

 

プラスの財産のうちの非課税財産

お墓や仏壇、仏具、寄付財産、非課税限度額内で相続人が受け取る生命保険、死亡退職金は非課税の財産となります。

 

その他にも、国家資格や身元保証人としての地位、生活保護受給資格などに代表される、被相続人の一身専属権、死亡退職金、保険金のような受取人固有の財産、家系図や位牌のような祭祀に関する財産は非課税の財産になります。

 

逆に、課税の対象となる財産は、被相続人が相続開始の時に有していた土地、家屋、立木、事業(農業)用財産、有価証券、家庭用財産、貴金属、宝石、書画骨董、電話加入権、預貯金、現金など金銭に見積もることができる経済的価値のある全ての財産などです。

 

どのようなヒトが相続の対象となる?

法定相続人になる人は、配偶者と血族(血縁関係にある人)の2種類があります。血族は、子供、直系尊属(父母、祖父母、養父母)兄弟姉妹がそれに当たります。

相続にはいくつかの種類がある

相続の種類に関して解説していきます。

 

被相続人が知っておくべき種類

【遺言による相続】

 

遺言書がある場合に、法定相続よりも遺言書の内容が優先される相続方法です。

 

【遺産分割協議による相続】

 

相続人全員で遺産分割の協議を行った上で分割する相続方法です。遺言書がない場合に遺産分割協議を行います。相続人全員で話し合い、全員が納得したら遺産分割協議書を作成して遺産分割をします。

 

この遺産分割協議書には、法定相続人全員の押印が必要です。

 

【遺産分割調停・審判による相続】

 

遺産分割協議で全員の納得が得られない場合に家庭裁判所へ申し立てを行い、合意を目指す方法です。なお、遺産分割調停でも合意できない場合は、強制力のある遺産分割審判に移行します。

 

相続人が知っておくべき種類

【単純承認】

 

プラスの財産もマイナスの財産も含めて相続することで、借金も含めて相続することです。単純承認を行う場合、手続きを行う必要はありません。

 

【相続放棄】

 

プラスの財産もマイナスの財産も全て引き継がない相続方法のことです。

 

【限定承認】

 

プラスの財産のみ相続する。またプラスの財産、マイナスの財産(借金など)がはっきりしない場合はプラスの財産の範囲内でマイナスの財産(借金など)弁済すればOKなので、限定承認を行っておけば安心です。

 

※ 一度、単純承認が認められてしまった場合には、あとで限定承認や相続放棄を選択することはできません。

※ 手続き期限は相続が発生してから3ヵ月以内です。

 

【12月11日(日)開催セミナー】

減価償却・節税効果!これから注目すべき作家は?現代アート投資

いま、日本での『美術品投資』がおすすめな理由

あなたにオススメのセミナー

    株式会社サステナブルスタイル 代表取締役

    株式会社サステナブルスタイル代表。遺品整理の現場で残された家族の姿をたくさん見てきた経験から、明らかに「円満なご家族」と「不穏な空気のご家族」に分かれることに気がつき「円満な相続」を迎えるために何ができるだろう、と考えたことをきっかけに、2022年8月10日に「現場で見たエピソードを世の中に伝えることで、一人一人が何かを考えるきっかけになってほしい」と考え、23篇の実話を紹介する本「もう会えないとわかっていたなら」を出版し、Amazonの日本文学(日記・書簡)カテゴリで1位を獲得。

    また、本の中で特に印象的なエピソードを一部抜粋して紹介したところ、Yahoo!ニュースのライフカテゴリでアクセス数1位を記録。

    相続終活のWebメディア「円満相続ラボ」も運営しており、相続終活の「わからない」「困った」を解決するコラム記事を通じて、相続を円満に終えるために必要なノウハウを広く伝えている。

    株式会社サステナブルスタイル

    相続終活メディア「円満相続ラボ」

    著者紹介

    株式会社サステナブルスタイル 

    円満相続ラボは「全ての家庭に、相続の『かかりつけ医』を。」をコンセプトに、相続終活の情報発信を通じて、争う相続を減らし円満相続に貢献することを目的としている相続終活のWebメディア。まだまだ相続について詳しくない方が多い中で「円満相続ラボ」を通じて、相続の「こんなはずじゃなかった」を減らしていくために日々情報発信を行なっている。

    相続終活に関する情報提供はもちろんのこと、コラムを読んでくださった方が抱えている課題に合った相続の専門家の派遣も行っている。

    相続終活メディア「円満相続ラボ」

    運営:株式会社サステナブルスタイル

    協力:株式会社スタルジー

    著者紹介

    連載相続・終活の疑問を解決!円満相続にたどり着く方法を具体例とともに徹底解説

    ※本記事は、株式会社サステナブルラボが運営する相続・終活に関する情報を発信するwebサイト『円満相続ラボ』より転載したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ