認知症の夫「俺がしっかりしなきゃ」いつも喧嘩、苛立ち…余命わずかの妻が願った最期の望み (画像はイメージです/PIXTA)

死はいつ誰に訪れるかわかりません。予期せぬ別れに直面したとき、人は何を思い、どう乗り越えるのか。実際に大切な家族を失った人や、葬儀に関わる人の印象深いエピソードを、家族の笑顔を支える会が編集した書籍「もう会えないとわかっていたなら」から一部抜粋してご紹介します。

妻が老人ホーム探しを急いだ理由

私は、老人ホームへの入居を考えている方のお話を伺い、その方に合った老人ホームを紹介することを仕事にしています。そんな私が森田家を訪れたのは、昨年の一二月のことでした。

 

森田夫妻は共に八〇代。コロナ禍の中、高齢夫婦の家を訪ねるわけにはいかないと、はじめは訪問を遠慮したのですが、奥様の和子さんに「どうしても急いで来てほしい」と言われ、伺うことにしたのです。

 

玄関に迎えに出てくれた和子さんは鼻にチューブをつけていました。そのチューブは家の中に長く伸びており、酸素ボンベに繋がっているのだそうです。和子さんは見るからに呼吸が辛そうで、少し話をするとゼエゼエと息を切らせていました。

 

「とにかく急いで老人ホームを見つけたいのよ」

 

あいさつもそこそこに和子さんは言いました。

 

その方に合った老人ホームを見つけるのは簡単なことではありません。予算だけでなく、介護度や持病、その方がどんなふうに暮らしたいのかなど、様々な要望と照らし合わせなければなりませんし、私は下見も繰り返した上で決めるべきだとお伝えしています。

 

しかし、和子さんには急いでいる理由があったのです。

 

「医者は来年の夏は迎えられないって言ったわ」

 

和子さんは末期の肺がんで、医者から余命宣告を受けていました。そして、ご主人の清さんは認知症の進行が始まっていたのです。しっかりしている時間も多いのですが、時に自分が何をしているかもわからないそうです。

 

そんな話をしている横で、清さんはぼんやりとテレビを見ていました。

 

「明日死ぬかもしれないってのに、こんな状態のこの人を置いていくわけにはいかないから」

 

子どものいない和子さんは、自分が生きているうちに清さんの落ち着き先を決めたいと考えていたのです。

 

その後、森田家には何度もお邪魔しました。身体が辛いときでも、和子さんはベッドに横になったまま、私の話を聞いてくれました。

 

夫婦は話し合いをしながら、二つのホームに候補を絞り、私と一緒に見学にも行きました。森田夫妻はいつも喧嘩をしていました。

 

和子さんは、清さんがこれまではできていたことができなくなっていくことに苛立っているようでした。清さんが失敗したことに苛立っているのではありません。そんな清さんを置いていかなければならない自分に苛立っていることが、端で見ていてもわかりました。

 

清さんももちろんそれは知っていました。私と二人になると反省したように言うのです。

 

「あいつも大変だからな。ほんとは俺がしっかりしなきゃいけないんだよな」

 

喧嘩をしながらも、お互いを思い合う夫婦の気持ちに心が震えました。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社SAN 代表取締役

    株式会社SAN代表取締役。関東で、老人ホームの紹介事業「SANの入居相談室」を運営。老人ホーム選びを単なる物件選びではなく、入居する人とその家族が「不安に向き合いながら覚悟する過程」だと捉え、そこに最前線で関わり、正確な状況・状態を把握しながら最適な老人ホームを提案。老人ホームのことで悩んでいる人が、より早く心身の健康を取り戻すことができるようなサポートを提供している。

    著者紹介

    株式会社サステナブルスタイル 

    相続メディア「円満相続ラボ」を運営する株式会社サステナブルスタイル代表取締役 後藤光氏により、2021年11月に発足。遺品整理の現場で残された家族の姿をたくさん見てきた経験から、明らかに「円満なご家族」と「不穏な空気のご家族」に分かれることに気がつき、「円満な相続」を迎えるために何ができるだろう、と考えたことがきっかけだった。

    同会には、遺品整理会社、行政書士、相続診断士、税理士など様々な現場で活躍する専門家が所属している。

    8月10日には、「現場で見たエピソードを世の中に伝えることで、一人一人が何かを考えるきっかけになってほしい」と考え、23篇の実話を紹介する本『もう会えないとわかっていたなら』を出版した。

    相続メディア「円満相続ラボ」(株式会社サステナブルスタイル)
    https://stalgie.co.jp/kokoaru/

    著者紹介

    連載大切な家族を亡くした人々の実話から「円満相続」について考える

    本連載は、2022年3月17日発行の書籍『学校では教えてくれなかった社会で生きていくために知っておきたい知識』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    もう会えないとわかっていたなら

    もう会えないとわかっていたなら

    家族の笑顔を支える会

    扶桑社

    もしも明日、あなたの大切な人が死んでしまうとしたら──「父親が家族に秘密で残してくれた預金通帳」、「亡くなった義母と交流を図ろうとした全盲の未亡人」、「家族を失った花屋のご主人に寄り添う町の人々」等…感動したり…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ