※画像はイメージです/PIXTA

立地も設備も気に入り老人ホームへの入居を決めた山本芳子さん(79歳/仮名)。ところが、入居わずか3ヵ月で退所。その理由は「食事」にありました。入居金や月々の利用料の決して安くないホームだったのですが…。いったいなぜこのようなことが起きたのでしょうか。※プライバシーに配慮し、実際の事例と変えている部分があります。

老人ホームに入居…すぐに抱いた違和感

【富裕層のための高級老人ホーム特集】
施設情報、サービス・設備ランキング、コラム記事など充実のラインナップ>>>

※外部サイトに遷移します

 

引っ越しには次男が立ち会ってくれて、洋服、お気に入りの食器、読み返したい本など、最初は必要最低限のものを持ち込みました。いよいよ新生活の開始です。

 

初日は最上階にある温泉に入り、初めての夕食を楽しみにダイニングへ向かいました。ところが、芳子さんは食事を終えて違和感を覚えたといいます。食器やカラトリーは良いものを使っていますし、盛りつけもこだわったものでした。ただ味が薄味で、自分の好みとは少し違うと感じたといいます。

 

翌日の朝食は、パンとごはんが選べましたが、おかずはやはり薄味で芳子さんにとっては味気のないものでした。昼食は懐石弁当で、食材は良いものをつかっているのはわかりましたが、うま味を感じません。

 

「試食会でいただいたお料理は、あんなに私好みだったのに……」

 

3日間我慢しましたが、食が進まず、次男のお嫁さんに電話で相談してみました。お嫁さんがホームの担当者に確認してくれたところ、入居者の身体を考え、普段の食事は薄味を心掛けている、見学のときの食事は月に一度の特別メニューだったとわかりました。見学でそのような説明を聞いた覚えはなく芳子さんは落ち込みます。

 

昼食は自分の部屋でそばをゆでたり、近所のコンビニでおにぎりを買ってきたりしたが、朝夕はそんな気力も起こりません。徐々に食欲そのものがなくなり、1ヵ月で芳子さんは5キロも痩せてしまいました。

 

気力がなく、他の入居者との交流も避け、部屋に閉じこもった芳子さん。次男に泣きながら電話をかけて迎えに来てもらい、自宅へ一時帰宅したのです。それから一度もホームに戻らず入居3ヵ月で退所を決めました。

 

芳子さんは今も、自宅でひとり暮らしを続けながら、月に1件見学をして、食事の好みが合う老人ホームを見つけることにしたそうです。

 

「試食会に誰かと一緒に行って、もっと質問をしていれば、ホームに対する考え方や見方も違ったのかもしれませんね」 芳子さんのように食事の好みが原因で退所する例は決して少なくありません。見学時には特別な料理ではなく、ふだんのメニューを食べさせてもらうようにお願いしたほうが賢明です。

 

脇 俊介
MY介護の広場 老人ホームを探す マネジャー

 

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、株式会社パセリが運営する「MY介護の広場 老人ホームを探す『高級老人ホーム特集』」内の記事を転載・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ