私大医学部「学費」ランキング…TOP3はすべて4,000万円超え

国公立の医学部医学科50校について、2022年度前期日程の志願倍率は4.0倍となっています(m3.com)。志願者4人のうち合格者は1人と、難易度の高い国公立の医学部受験。こうしたなか、私立大学への志望校変更を検討する人も少なくありませんが、気になるのは6年間の学費です。大学によっては3,000万円近くも差が生まれている、私立大学の学費事情について、医系専門予備校メディカルラボ本部教務統括の可児良友氏が、データを交えて解説していきます。

【関連記事】直近3年分…私大医学部の「高額学費」ランキングの全容をみる

上位3校は4,000万円超え!「高額学費」TOP10

進学するにあたり、他の学部と比べて費用がかかるといわれている医学部。国公立医学部の学費は6年間でおよそ350万円、対して私立は2,000~4,000万円程度と、非常に大きな開きがあります。

 

そのなかでも、学費が最も高額な私大医学部は「川崎医科大学」。かかる費用は6年間でおよそ4,700万円でした。

 

川崎医科大学は、学校法人川崎学園1970年に開学した、中国・四国地方で唯一となる私立医学部です。また、高等学校の川崎医科大学附属高等学校を有しており、日本の医科大学で唯一、高大連携教育として医学部入学以前から医学教育を行なっています。

 

さらには地元の医師確保のため、近年では中国・四国地方で医療活動を行うことを出願条件とした総合型選抜を実施しています。

 

続いて第2位は「東京女子医科大学」。2021年度に学費を約1,200万円上げたため、6年間でかかる学費はおよそ4,600万円となりました。東京女子医科大学はその名のとおり、日本で唯一、世界的にも珍しい「女子大の医科大」です。

 

ランキングをみていくと、3位の金沢医科大学まで6年間の学費が4,000万円を超えています。10位の獨協医科大学はおよそ3,700万円と高額ではあるものの、1位の川崎医科大学と比べると、1,000万円ほど抑えらえれています。

 

なお、6位の帝京大学は2014年度に1,170万円の値下げを実施したため、1位から6位へと変わり、結果として志願者倍率が上昇しました。

 

【学費が高額な私大医学部ランキングTOP10】

1位 川崎医科大学(47,365,000円)
2位 東京女子医科大学(46,214,000円)
3位 金沢医科大学(40,543,000円)
4位 埼玉医科大学(39,570,000円)
5位 北里大学(39,528,000円)
6位 帝京大学(39,380,140円)
7位 福岡大学(37,738,260円)
8位 兵庫医科大学(37,600,000円)
9位 杏林大学(37,590,700円)
10位 獨協医科大学(37,300,000円)

 

出所:メディカルラボ(2022年度私立大学学費ランキング)

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

医系専門予備校メディカルラボ  本部教務統括

1991年から大手予備校で受験生の指導に携わり、数多くの医学部・歯学部志望者を合格に導く。その豊富な経験をもとに、マンツーマン授業で合格を確実なものにする医系学部受験の指導メソッドを構築。2006年に医系専門予備校メディカルラボの開校責任者となる。カリキュラムの監修や講師・スタッフを統括する本部教務統括として、また生物の講師として、現在も医学部受験の最前線で活躍中。各地で医学部受験をテーマに講演を行い、近年はテレビ等のマスメディア出演も多数。

著者紹介

連載データから紐解く「教育の実情」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ