【株式投資の基本】「GDP」と「株価」…相関性が高いと言われる納得のワケ

本記事は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するマーケットレポート『なるほど!ザ・ファンド』を転載したものです。

個⼈消費の活発化により、企業の業績向上が見込める

GDPの多くを占める個⼈消費が活発化することで、企業の業績向上が⾒込めるためです。

 

経済活動の中でも、個⼈消費は重要な要素であり、各国・地域のGDPにおいても、大きな割合を占めています。個⼈消費が活発化することで、企業の業績向上につながることが⾒込まれます。

 

(注1)欧州はEuromonitor InternationalのEastern EuropeとWestern Europeのうちデータ取得可能な35ヵ国の加重平均値。 (注2)データは⽶ドルベース。(出所)Euromonitor Internationalのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
(注1)欧州はEuromonitor InternationalのEastern EuropeとWestern Europeのうちデータ取得可能な35ヵ国の加重平均値。
(注2)データは⽶ドルベース。
(出所)Euromonitor Internationalのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

(注1)個⼈消費⽀出は2000年〜2030年(⽶ドルベース、年次)。2021年以降はEuromonitor Internationalの予想値。 (注2)世界株式は2000年〜2020年。MSCI ACワールドインデックス(⽶ドルベース)の年末値。2000年12⽉末を100として指数化。 (出所)Euromonitor International、Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成 ※上記は過去の実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を⽰唆あるいは保証するものではありません。
(注1)個⼈消費⽀出は2000年〜2030年(⽶ドルベース、年次)。2021年以降はEuromonitor Internationalの予想値。
(注2)世界株式は2000年〜2020年。MSCI ACワールドインデックス(⽶ドルベース)の年末値。2000年12⽉末を100として指数化。
(出所)Euromonitor International、Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
※上記は過去の実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を⽰唆あるいは保証するものではありません。

⼈⼝が増えるほど、全体の消費⾦額も⼤きくなる

個⼈消費の動きは、⼈⼝の影響を受けると考えられます。

 

⼈⼝が増えれば増えるほど、それだけ全体の消費⾦額は⼤きくなり、企業の業績向上につながることになるためです。

 

世界⼈⼝は2020年の78億⼈から、2100年には95%の確率で94億〜127億⼈に達すると予測されていることから、今後も世界的な経済成⻑は続くと⾒込まれます。

 

(注)データは1970年〜2100年(5年毎)、2025年以降は国連の予想値。 (出所)国連のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成 ※上記は過去の実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を⽰唆あるいは保証するものではありません。
(注)データは1970年〜2100年(5年毎)、2025年以降は国連の予想値。
(出所)国連のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
※上記は過去の実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を⽰唆あるいは保証するものではありません。

 

(注1)GDPは2000年〜2030年(⽶ドルベース、年次)、2021年11⽉1⽇時点の名⽬値を使⽤。2021年以降はEuromonitor Internationalの予想値。 (注2)世界株式は2000年12⽉末〜2020年12⽉末、MSCI ACワールドインデックス(⽶ドルベース)の年末値。2000年12⽉末を100として指数化。 (出所)Euromonitor International、Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成 ※上記は過去の実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を⽰唆あるいは保証するものではありません。
(注1)GDPは2000年〜2030年(⽶ドルベース、年次)、2021年11⽉1⽇時点の名⽬値を使⽤。2021年以降はEuromonitor Internationalの予想値。
(注2)世界株式は2000年12⽉末〜2020年12⽉末、MSCI ACワールドインデックス(⽶ドルベース)の年末値。2000年12⽉末を100として指数化。
(出所)Euromonitor International、Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
※上記は過去の実績および将来の予想であり、今後の市場環境等を⽰唆あるいは保証するものではありません。

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『なぜGDPと株価は相関性が⾼いと⾔われているの︖』を参照)。

 

(2021年11月5日)

 

関連マーケットレポート

2021年10月29日 ⽶国の「FRB」とはどのような機関ですか︖

2021年10月19日 運⽤を考えないことも「リスク」とはどういうことですか︖

私たちは運用・調査・営業など多様なバックグラウンドを持ったプロフェッショナル集団で、主に公募投資信託に関連する各種資料の作成および資産形成を推進するコンテンツ開発・情報発信などを行っています。これからも最高品質の運用情報サービスを提供できるようチーム一人ひとりが能力を最大限発揮し、すべての人のQuality of Lifeの向上に貢献してまいります。

著者紹介

連載なるほど!ザ・ファンド/三井住友DSアセットマネジメント

【ご注意】
●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ