授業料1000万円超でも「入学させたい」…超富裕層しか知らない「海外名門校」の真価 (※写真はイメージです/PIXTA)

年々、日本国内における「グローバル教育」の人気は高まる一方です。インターナショナルスクールや「国際」を謳う小中学校に志願者が殺到し、倍率が急上昇。需要に供給が追い付かず、国内のグローバル教育機関は「狭き門」と化しています。そんな状況を尻目に、富裕層の中には、自国の名門校ではなく、あえて「海外の名門全寮制校」を選ぶ保護者も少なくありません。外部からは伺い知れない、超富裕層向けのグローバル教育の実態とは? ※本記事では、受験・教育事情をテーマに小説とコラムを執筆する佐野倫子氏が、バイリンガルエリート教育の最前線をレポートします。

【関連記事】1年間の授業料「900万円」でも入学希望殺到…超富裕層向け「全寮制スクール」の実態

人気上昇中だが…日本国内の「グローバル教育」の現状

この10年で、日本ではグローバル教育がいっそうの注目を集めてきました。都心では需要と供給のバランスが崩れはじめ、中学・高校受験では「国際」を謳った学校に、幼少教育ではインターナショナルスクールに志願者が殺到、倍率は急上昇中です。

 

しかし、それをもって日本に国際教育の土壌ができたとするのは早計でしょう。グローバル教育機関が提供するのは、単に英語力だけではありません。日本はこれまで国際教育という観点ではシンガポールや香港、中国の後塵を拝してきました。アジアの富裕層がグローバル教育を受けるとなれば上記の国が定番。日本の熱心な家庭は、過熱する小学校・中学校受験を経て、タイミングを見て大学時代に短期留学というのが潮流でした。

 

その結果として、日本からダイレクトにオックスブリッジやアイビーリーグの大学に進学するという成功例はまだまだ「数少ない武勇伝」。実際にそれらの大学に進学を志す場合は早くから海外に出て、国際的なしかるべき教育機関で学んでいるのが実情です。

 

しばしば、国際ビジネスの現場において日本人のコミュニケーション力やレジリエンスはいまひとつ、と揶揄されることがあります。それは日本人のシャイで謙遜する国民性がゆえだと批判を甘んじて受け止めてきました。そして意識の高い保護者は世界に通用するスキルを獲得するために幼少期から留学させるなどの「飛び道具」を使ってきたのです。

 

果たしてこの状況は「当然のこと」で、そのような評価は「正当」なのでしょうか?

教育コラムニスト
小説家

東京都生まれ。埼玉大学教育学部附属小学校、共立女子中学高等学校を経て早稲田大学教育学部英語英文科卒。イギリス国立ロンドン大学ロイヤルホロウェイに留学。

就職・教育関連雑誌の編集者やWEB制作ディレクターを経て、フリーランスへ。

講談社WEBマガジンmi-mollet、東京カレンダーWEB、月刊[エアステージ]にて小説・受験コラムを多数執筆。2021年、多数の受験生保護者への取材と自身の経験をもとに小説『天現寺ウォーズ』を出版。

【Instagram @michikosano57
【Twitter @michikosano57

著者紹介

連載バイリンガルエリート教育の最前線

天現寺ウォーズ

天現寺ウォーズ

佐野 倫子

イカロス出版

『東京カレンダーWEB』の大人気連載にして、驚異的なPVを獲得した小説「天現寺ウォーズ」初の書籍化。同録は、近年ますます過熱する中学受験を予見し、連載中から物議を醸した「御三家ウォーズ」。この1冊で令和の東京における…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ