(※画像はイメージです/PIXTA)

昨年、金相場は1,700米ドル割れまで下落しましたが、この数ヵ月は底固く推移し、最近は1,800米ドルを大きく上回っています。米金利上昇と連動している最近の金相場について、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は「最近にかけての歴史的な物価高騰、インフレの影響で、下落から大幅上昇見通しへ大転換した可能性がある」と述べています。本記事では、吉田氏が金相場の今後の展開について考察していきます。

続きはこちら(Yahoo!ニュース)>>

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ