カラオケ、麻雀、パソコン…男性利用者が殺到するデイサービス (※画像はイメージです/PIXTA)

最近目立ってきているデイサービスが男性利用者でも楽しめる工夫。麻雀や囲碁、将棋。さらにカラオケやパソコンまで。自分が楽しむために行くのであれば、介護者の都合で「行かされる」のではなくなる。デイサービスに何が起きているのでしょうか、相沢光一氏が著書『介護を左右する 頼れるケアマネ 問題なケアマネ』(河出書房新社)で明らかにします。

【関連記事】押しつけられた親の介護…子どもを追つめる終わりのない絶望感

訪問サービスには、どのような種類があるか

要介護認定が済み、担当ケアマネが決まると、利用者宅でサービス担当者会議が行なわれます。出席するのは利用者、おもな介護者、ケアマネ、ケアプランに組みこまれたサービスの事業者。

 

会議を進行するのはケアマネで、利用者の心身の状態とそれに対するケアの方向性、ケアを行なううえでの約束事などを打ち合わせ、情報を共有します。

 

この会議の時点では、介護をされる人も、介護をする人もケアの知識はほとんどないはずですが、サービスがスタートする前の大事な会議ですから、わからないことがあれば何でも質問し、理解しようと努めたいものです。そうした介護に対する前向きの姿勢を見せることが、ケアマネやサービス事業者の印象を良くし、仕事に対するモチベーションにつながるからです。

 

また、介護が始まるにあたって、どのようなサービスがあるか頭に入れておきたいものです。居宅サービスは、大きく訪問サービスと通所サービスのふたつに分けられます。

 

訪問サービスには、次の表のようなものがあります。

 

訪問介護で、できないこともあります。「身体介護」では医療行為が禁じられています。ただし、自動血圧計での血圧測定や、わきの下での体温測定は許可されています。可否の境目が素人では判断がつかないので、してほしいことがあれば、ダメ元で頼んでみてもいいでしょう。

 

「生活援助」では、利用者本人に対する援助はOKですが、介護をする人など家族も含む援助はNGです。掃除なら、利用者の居室やトイレのみ。窓拭きも禁じられています。年末の大掃除のときにするような清掃をお願いすることはできないとイメージするとよいでしょう。

 

また、庭の掃除や草取りもできません。利用者が日常的に使う部分の掃除に限られるということです。洗濯も利用者本人の衣類だけに限られます。

 

なお、定期的に訪問することはないため、訪問サービスの範疇には入りませんが、介護には欠かせず、介護保険も適用されるものがあります。介護のための環境を整えるサービスです。

 

そのひとつが福祉用具レンタル。介護用ベッドやベッド対応のテーブル、車椅子などを原則1割負担で借りることができます。また、居室用の便器はレンタルできないため購入することになりますが、その購入費用も年間10万円までなら1割負担になります。


 
自宅に手すりをつけたり、段差を無くしたりする改修工事にも介護保険は適用されます。工事費が20万円以内であれば、1割負担で済むのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】1月26日開催
カンボジア不動産「中所得者向け戸建て」投資
「キャピタルゲイン」1.5~2倍がターゲット
詳しくはこちら>>>>

フリーライター

1956年、埼玉県生まれ。明治大学法学部中退。スポーツやビジネス分野を中心に取材・執筆活動を展開してきたフリーライター。父親介護の体験を機に、高齢者介護のあらゆる問題を社会と個人の両面から精力的に取材。現場のリアルを『PRESIDENT Online』で発表している。また、『DIAMOND online』ではスポーツのコラムを執筆中。

著者紹介

連載「頼れるケアマネ」と「問題なケアマネ」の見分け方

※本連載は相沢光一著『介護を左右する 頼れるケアマネ 問題なケアマネ』(河出書房新社)より一部を抜粋、再編集したものです。

介護を左右する 頼れるケアマネ 問題なケアマネ

介護を左右する 頼れるケアマネ 問題なケアマネ

相沢 光一

河出書房新社

有能な人が担当になればラッキー。ところが、そうでない人だと…。介護サービスを受ける際の中心的な存在であるケアマネージャー。その良し悪しはどこで判断できるのか、「もっといい人を」と思ったら、どう対処すべきか。著者…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧