「iDeCo」と「つみたてNISA」…うまく使い分ける方法は? ※写真はイメージです/PIXTA

年齢にかかわらず、老後資産に心配を抱いている人が増えています。資産形成にはさまざまな選択肢がありますが、初心者で手持ち資金が少ない人も着実な成果が狙える「iDeCo」と「つみたてNISA」は、とくにお勧めです。本記事では、「お金のプロ」が、初心者から寄せられた「iDeCo」と「つみたてNISA」に関する質問に、わかりやすく解答します。

【関連記事】恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 Q  iDeCoとつみたてNISA、どう使い分ける?

 A  つみたてNISAで「お試し」してみる

iDeCoやつみたてNISAは、将来に備える資産形成を自分で行え、税制優遇もある制度です。本来であれば、運用で得た利益に20.315%が課税されますが、これを差し引かれずに済むので、実質的にリターンが約2割アップしたのと同じ効果が得られます。

 

iDeCoとつみたてNISAの両方とも活用し、かつ利用できる期間中は使い続けることがベストな方法です。

 

そうはいっても、「子どもの教育費にお金がかかる時期」だったり、「コロナ禍で収入が減り、余裕がない」などの理由から、「月5000円が精一杯」で両方を活用することが難しい場合もあるでしょう。この場合には、どちらかを選んで利用する必要があります。

 

税制面での優遇では、掛金が全額所得控除の対象になり、受け取り時にも大きな控除があるiDeCoに軍配が上がります。ただし、原則として60歳まで引き出すことはできませんが、その分、老後資金の準備には合理的な制度といえます。

 

※1 2022年5月から ※2 2024年に制度変更し、2042年までに ※3 手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定 ※4 退職金や公的年金の金額によっては元本部分を含め課税される場合もある ※5 積立期間が短いと受け取り可能時期が遅くなる。もっとも遅い場合65歳から

※1 2022年5月から
※2 2024年に制度変更し、2042年までに
※3 手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定
※4 退職金や公的年金の金額によっては元本部分を含め課税される場合もある
※5 積立期間が短いと受け取り可能時期が遅くなる。もっとも遅い場合65歳から

 

「急にお金が必要になる」場合が心配なら…

ですが、病気やけがで長期間仕事を休まざるをえないなど、急にお金が必要になる場合もあります。この場合は、いつでも引き出し可能なつみたてNISAのほうが使い勝手がいいでしょう。

 

ここから、老後資金の準備はiDeCo、それ以外のお金はつみたてNISAで準備するという使い分けが考えられます。また、「投資が怖い」人は、つみたてNISAで「お試し運用」から始め、続けられそうで、かつ余裕資金ができたなら、iDeCoも始めるといいでしょう。

 

iDeCoとつみたてNISAの併用が望ましいですが、「いまは資金的に余裕がないから、
どちらか一方がいい…」「続けられるかが心配」という方は、まずはいつでも解約可能なつみたてNISA で「お試し運用」から始めてみましょう。

 

 

中野 晴啓
セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO

 

井戸 美枝
井戸美枝事務所 代表
ファイナンシャルプランナー/社会保険労務士/産業カウンセラー

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO

1987年、明治大学商学部卒業。セゾングループの金融子会社にて資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。2006年セゾン投信株式会社を設立。2007年4月から現職。全国各地で行う講演やセミナーを通じ、本物の長期投資を生活者に広める活動を日々続ける。趣味は歌舞伎鑑賞、鉄道。

著者紹介

井戸美枝事務所 代表
ファイナンシャルプランナー
社会保険労務士
産業カウンセラー 

井戸美枝事務所代表。ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、産業カウンセラーとして活動。生活に身近な経済問題をはじめ、年金、社会保障などについて、難しい事でも分かりやすくをモットーに数々の雑誌や新聞に連載を持つ。また、各地での講演やテレビ・ラジオ出演も精力的にこなしている。得意分野は、キャリアプランを含むライフプラン、シンプルライフのすすめ、お金とのつきあい、企業年金、保険・年金・介護などの公的保障。趣味は散歩、アナトミックヨガ。

著作に『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』(2020年、日経BP)、『オーバー40歳でも大丈夫!おひとりさまでも大丈夫!私がお金で困らないためには今から何をすればいいですか?』(2021年、日本実業出版社)などがある。

著者紹介

連載プロが教える「iDeCo」「つみたてNISA」本当のところ

本記事は、『今すぐできる!iDeCoつみたてNISA超入門』(扶桑社)より抜粋・再編集したものです。

今すぐできる! iDeCoとつみたてNISA超入門

今すぐできる! iDeCoとつみたてNISA超入門

中野 晴啓,井戸 美枝

扶桑社

2022年の法改正でもっとお得に!さらに便利に!知識ゼロでOK、月々5000円からでOK、50歳からでも遅くない! 「ほったらかしで老後資金が増える」制度の仕組みと運用術を “積立王子"と“年金のプロ"が超わかりやすく解説!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ