開業医、必見!「集患につながる」インスタグラムの活用方法 (※画像はイメージです/PIXTA)

今SNSで最も影響力があると言われているインスタグラム。医療機関においても、インスタグラムの活用は注目されつつある。しかし、ただ院の日常を投稿しているだけでは集患には繋がらないという。クリニックにおけるインスタグラムの効果的な運用方法について、インスタPRとして多くの企業から依頼を受けている今田知佳氏に解説してもらった。

医療機関がInstagramを運用すると集患につながる

歯科医院や皮膚科などのクリニックがインスタグラムを運用する利点として、最も大きいのが、「集患につながる」という部分でしょう。

 

例えば、今通っている病院に不満を感じはじめた人がいるとします。その際、知り合いや友人に病院を紹介してもらうという方法もありますが、日頃から閲覧しているインスタグラムを開きハッシュタグで検索する方が、利用者にとっては気軽です。

 

ハッシュタグとは「#〇〇」というキーワード検索に使う#、この記号のことを言います。

 

検索で見つけたとあるクリニックはフォロワー数が多く人気がある様子。


インスタグラムの投稿には、病院のHPを見るだけでは得られない鮮度の高い情報があります。まずは気軽にフォローをし、しばらくは病院の投稿をチェック。インスタグラムを通して新しいクリニックに触れる機会が生まれます。


患者にとって、インスタグラムで事前に有益な情報や院内の様子を知ることができるのはクリニックを決める判断基準にもなるでしょう。


その後、日々投稿を目にすることにより今度は親近感が湧いてくるのです。

ネット検索よりインスタ検索

このようにインスタ利用者は、インスタグラムをインターネット検索と同じように使っています。

 

調べたい用語や場所がある際にグーグル検索をするのと同じ感覚ですが、インスタグラム上では、最新の投稿と人気投稿のどちらも簡単に見ることができます。

 

これがインターネット検索だと、古い情報もある上に、ひとつひとつクリックしてページを確認するという手間がかかります。インスタグラムであれば、鮮度の高い情報が画像というかたちで得られるので、時間の節約にもなりますね。

 

そういった理由から、インスタグラムで集患を図るには、検索ワードにヒットさせることが必要不可欠となります。そのためにはハッシュタグのキーワードが非常に重要。

 

的確なハッシュタグを付けて投稿しないと、検索から多くの人の目に触れるチャンスを逃してしまいます。もちろんフォローをされる機会もありません。

 

写真と文章も大切なのですが、やはり力を入れるのはハッシュタグでしょう

医療機関の人気ハッシュタグと効果的な使い方

ここからは、医療機関の中でも最も投稿が多かったジャンル、総合病院・歯科医院・美容皮膚科から人気ハッシュタグをご紹介します。

 

(※2021.9.15調べ)

総合病院でのハッシュダグの人気ワードは以下になります。

 

#病院 41.7万件 #入院 31.9万件 #看護師 148万件 #入院生活 31.9万件 
#リハビリ 55万件 #病院食 14.6万件 #手術 18万件  
#産後ママ 16.3万件 #育児ママ 12.3万件 

 

次に歯科医院のハッシュタグは以下です。

 

#歯医者 40.3万件 #歯科医院 17.9万件 #ホワイトニング 70.7万件
#歯科衛生士 41.8万件  #歯並び 13.2万件 #セラミック 16.3万件 
#マウスピース矯正 #歯列矯正 17.5万件 #矯正女子 11.4万件

 

最後に美容皮膚科の人気ハッシュタグです。

#美容皮膚科 43.1万件 #美肌ケア 63.2万件 #毛穴ケア 49.9万件 #ニキビ 75.8万件#美容医療 12万件 #美容マニア 34.8万件 #しわ改善 12.9万件 #美容好きさんと繋がりたい 219万件 #シミ 47.7万件 

 

上記のようにハッシュタグの件数が多いほど、多くの人がそのワードで投稿をしています。

 

インスタ利用者は人気タグ投稿を見る傾向が強い為、そういったタグをつけて投稿すれば見てもらえる確率が断然あがるのです。

 

ちなみに、人気ハッシュタグを調べるには、あらゆるワードを入れて検索をしていくという地道な方法しかありません。

 

ですが、すでにフォロワーが多いクリニックは、人気タグを使用している傾向にあるので、そういったクリニックのハッシュタグを参考にするのもいいでしょう。

必ずつけた方がいいタグ

それ以外に、必ずつけた方がいいタグはクリニックのある地域名です。

 

例えば、渋谷にある場合は

 

#渋谷 #渋谷クリニック などとエリアで探すことも多いので、入れておくことで見つけられやすくなります。

 

はじめのうちは、毎回同じハッシュタグをコピー&ペーストして使うので問題ありません。慣れてきたら、他のクリニックなどの投稿内容やハッシュタグを参考にしたり最新の人気タグを探したりして変化をつけていくことをおすすめします。

 

新しいハッシュタグが日々生まれているため、今人気のタグが数ヶ月後には使われなくなることもあるからです。それくらい早いスピードで情報が更新されているのがインスタグラムの世界です。

クリニックのインスタは何人が担当する?

最後にもう一つ大事なことがあります。インスタグラムを運用する担当者は一人に絞ること。一人が毎回同じテイストで投稿することで、統一感が生まれ、見ている側も安心してファンになれます。

 

これは、インスタアカウントをひとつのテレビ番組という風にとらえるとわかりやすいと思います。急にいつもとテイストが違う企画が流れると、今までの視聴者が離れていってしまうのと同じ心理です。

 

うまく活用すれば、集患だけでなく、他のクリニックにはない魅力を届けることができるインスタグラム。

 

気に入らなければ簡単に削除することもできるので、まずは気軽に取り入れ、運用してみることをおすすめします。
 

 

スタイリストアシスタントを経てアパレル関係のプレス事務所を設立。雑誌、テレビなどマスコミへのPR活動を精力的に行う。現在はインスタグラムを中心にあらゆるジャンルの企業からPR案件を請け負っている。

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!