毎年9月に大きく動き出す「米ドル/円」…2021年の展開は?【国際金融アナリストが解説】 (※画像はイメージです/PIXTA)

米8月雇用統計の結果が発表され、非農業部門雇用者数(NFP)が「ネガティブ・サプライズ」となったことから、テーパリング観測が後退し、米ドルは全面安となっています。今回は、FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が、米ドルの今後の展開について考察していきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「9/14~9/20のFX投資戦略」のポイント

[ポイント]​

・米ドル/円は2ヵ月も109~110.5円中心の小動きが続いてきた。例年、9月初めのレーバーデイ明けから一方向に大きく動き出すことが多かっただけに、今年の動きにも注目集まる。
・新たな方向が米ドル高になるか、米ドル安になるかは、米金利のトレンドがカギ。またレーバーデイを挟み、NYダウなどが5営業日続落となっている点にも要注意。​

米ドル/円の小動きが続いたのは「アノマリー」通り

8月下旬のジャクソンホール会議が終わり、毎月恒例の注目イベントである「米雇用統計発表」が終わっても、米ドル/円の方向感の乏しい小動きに変わりはない。小動きが当分続きそう、そんな諦めムードが蔓延するなか、米ドル/円は大きく動き出したのだった―。

 

これは、最近の米ドル/円についての話ではありません。ちょうど一年前の米ドル/円について解説したものです。そんなふうに再確認が必要なほど、両者は似た動きとなっていたのです。

 

昨年の米ドル/円も、8月下旬のジャクソンホール会議や9月初めの米雇用統計といった注目材料を経てなお、それまで約1ヵ月続いた105円台前半~107円中心の方向感の乏しい小動きは変わりありませんでした。

 

ところが、毎年9月の第一月曜日と決まっているため、昨年は9月7日だった、米国のレーバーデイが明けてから間もなく、米ドル/円はジワジワと下落が拡大し、約1ヵ月続いたレンジを割り込むと、104円割れ近くまで一段安となったのでした(図表1参照)。冒頭に述べたのは、そんな一年前の米ドル/円の市況解説だったのです。

 

出所:マネックストレーダーFX
[図表1]米ドル/円日足チャート(2020年7~9月) 出所:マネックストレーダーFX

 

このようにレーバーデイまでは小動きが続いたものの、レーバーデイ明けからは一転して一方向に大きく動き出したのは、昨年だけではありませんでした。一昨年の2019年も、その前年の2018年も、米ドル/円はレーバーデイを前後して小動きから一方向へ大きく動き出しています(図表2、3参照)。

 

出所:マネックストレーダーFX

[図表2]米ドル/円日足チャート(2019年7~9月)出所:マネックストレーダーFX

 

 

出所:マネックストレーダーFX

[図表3]米ドル/円日足チャート(2018年7~9月) 出所:マネックストレーダーFX

 

 

レーバーデイ明けから相場は一方向に大きく動き出す、これは米ドル/円に限ったことではなく、株式相場なども含めて、金融市場では比較的よく知られたアノマリーのひとつだったのです。

 

アノマリーとは、論理的な説明が困難ながら、頻繁に繰り返されるパターンといった意味で基本的に使われます。よって、この「レーバーデイ・アノマリー」の理由を考えるのは矛盾しているかもしれません。

 

ただ一般的には、以下のような理解が基本でしょう。米国のレーバーデイは、欧米においては実質的な夏休み明けと位置付けられるため、夏休み明けでトレードを本格再開し、その上リスク許容度にも余裕があるため、ポジションを比較的長く維持することから、これまで見てきたようにトレンドが出やすくなったのではないでしょうか。

 

以上のように見ると、ここまで米ドル/円の小動きが続いたのは、いつものことであり、そしていつも通りならレーバーデイも明けたことでそろそろ一方向に大きく動き出す可能性がありそうです。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

【動画で解説】吉田 恒の為替ウィークリーセミナー
毎月恒例 米雇用統計セミナー

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧