利用者・介護者との話は長くても30分…できるケアマネの条件 (※画像はイメージです/PIXTA)

ケアマネのなかには、利用者・介護者のニーズに応えてくれない人、相談したいのに親切に対応してくれない人、困っていることも解決してくれない人もじつはけっこういるという。どうしたらいいのか。※本連載は相沢光一著『介護を左右する 頼れるケアマネ 問題なケアマネ』(河出書房新社)より一部を抜粋、再編集したものです。登場するケアマネの方々、サービス事業者の方々のお名前は、すべて仮名です。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

利用者・介護者の働きかけでケアマネの心を動かすには

■「介護に前向きな姿勢」がケアマネの心を動かす

 

「まず、リスペクトをもって接することが基本だと思います。長い実務経験があり、高いハードルを越えてやっとなれる専門職。初対面では人間性まではわかりませんが、ケアマネという仕事に就いていること自体、リスペクトに値するのです。

 

それに利用者・介護者の多くはケアマネがどういう役割をする人物かさえ理解しないまま接している。そんななか、リスペクトの姿勢が感じられれば悪い気はしませんよね。気持ちをくみ取って仕事をしようという思いが生まれるわけです」

 

ケアマネの存在を知ろうとする人が少ないのと同様、大半の利用者・介護者は受け身です。介護の知識がないのですから、それも仕方がありませんが、ケアマネのいうことにただ従っているだけ。しかしそれでは、ケアマネが「少し上から目線」という関係性は変わりません。

 

わからないことがあれば質問をする、それに対するアドバイスがあれば素直に聞く、というように、利用者サイドから積極的にコミュニケーションをとることで、目線の位置を近づけることができるのです。

 

「それと、ケアマネに前向きな目標を語っておくのもいいと思います。たとえば、お母さんを娘さんが介護しているとします。で、ケアマネにはこんな話をする。『昔、家族で旅行に行った思い出の場所があって、母がそこへもう一度行ってみたいというんです。いまは歩くのもおぼつかないので無理ですが、サービスを受けて体が良くなったら、一緒に行こうねと話しているんです』と。こういう話を聞くとケアマネは心を動かされるんです。まず職業意識。ケアマネのベースにあるのは自立支援、つまり利用者の心身の状態を良くすることですから、娘さんが語る目標と合致するわけです。

 

また、具体的な目標が示されることで、それを達成するためにケアプランにどのようなサービスを盛りこみ、どんなプロセスで回復させていくか知恵を絞しぼることになる。ケアマネの腕の見せどころであって、モチベーションが上がるわけです。くわえて気持ちも刺激されます。ケアマネを志こころざす人はもともと『人のために役に立ちたい』という思いをもっています。

 

長い年月をかけて努力してなっているのだから、その思いは強い。それでも利用者が満足できるサービスが提供できないケアマネがいるのは、仕事に追われて余裕がなくなっていることが多分にあります。でも、この娘さんのような目標を聞かされると、原点にある思いがよみがえって、俄然やる気が出るわけです」

 

ケアマネのこうしたコメントを聞くと、ダメなケアマネを生んでいるのは利用者・介護者のような気がしてきます。

 

ケアマネには利用者の心身の状態を回復させようという前向きな思いがあるのに、大半の介護者は、利用者が死を迎えるまでの経過期間をいかに苦労を少なく過ごせるかという後ろ向きの理由しかない。これではケアマネのやる気が低下するのも無理はありません。

 

こう考えると、ダメなケアマネを良いケアマネに変える方法が見つかります。介護は自立支援だという意識をもち、老親を回復させる目標をもって前向きの姿勢で取り組むことです。

 

それにはケアマネをリスペクトし、積極的にコミュニケーションをとることも必要。そうすることで「少し上から目線」のケアマネが同じ目線のところまで下りてきて、的を射た支援をしてくれるようになるのです。

フリーライター

1956年、埼玉県生まれ。明治大学法学部中退。スポーツやビジネス分野を中心に取材・執筆活動を展開してきたフリーライター。父親介護の体験を機に、高齢者介護のあらゆる問題を社会と個人の両面から精力的に取材。現場のリアルを『PRESIDENT Online』で発表している。また、『DIAMOND online』ではスポーツのコラムを執筆中。

著者紹介

連載「頼れるケアマネ」と「問題なケアマネ」の見分け方

介護を左右する 頼れるケアマネ 問題なケアマネ

介護を左右する 頼れるケアマネ 問題なケアマネ

相沢 光一

河出書房新社

有能な人が担当になればラッキー。ところが、そうでない人だと…。介護サービスを受ける際の中心的な存在であるケアマネージャー。その良し悪しはどこで判断できるのか、「もっといい人を」と思ったら、どう対処すべきか。著者…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧