テクニカル分析で使う「チャート」とは何か?

本連載は、IFTA国際検定テクニカルアナリストとして活躍する福永博之氏の著書、『ど素人が読める株価チャートの本』(翔泳社)の中から一部を抜粋し、「テクニカル分析」の基礎知識と分析方法を紹介します。

チャートが使われるのは株式投資の世界だけではない

テクニカル分析に使われているチャートが、実際どのようなものなのかを簡単にみてみましょう。

 

チャートは価格の方向を分析したり、売買タイミングを計ったり、将来価格を予想するためのツールですが、このテクニカルチャートが使われている分野は株式投資の世界だけではありません。

 

例えば、最近取引をする人が急激に増えているFX取引や、金、原油などのコモディティー(商品)取引の世界でも使われており、値動きがある金融商品のほとんどにチャートが使われているといっても過言ではないでしょう。

値動きのある金融商品の「売買タイミング」を計るツール

下記図表1、2が実際のチャートです。図表1がドル円のチャートで、図表2が金のチャートになります。

 

[図表1]ドル/円の月足チャート(単位:円)

 

為替のチャートでは、上方向が円安、下方向が円高を示しており、2007年6月に124円台をつけたあと下落基調に転換したことがわかります。また下落基調に転換後、2011年10月には75円台をつける場面がありました。

 

一方、金は2015年8月24日に1170ドル台に届かず下落していますが、こうした価格の推移を確認するためにチャートは必須のツールといえるのです。

 

[図表2]ニューヨーク金先物取引の日足チャート(1トロイオンス)(単位:ドル)

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社インベストラスト代表取締役 国際テクニカルアナリスト連盟 国際検定テクニカルアナリスト

勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。 同社経済研究所チーフストラテジストを経て、現在、投資教育サイト「itrust アイトラスト」の総監修とセミナー講師を務める。
6月より日本テクニカルアナリスト協会副理事長に就任。
日経CNBC「朝エクスプレス」、ラジオ日経「世界の株価 de 資産運用」、「スマー トトレーダーPLUS」、「ウイークエンド株!」などの番組にレギュラー出演中。 マネー誌やWEBの連載、著書多数。

著者紹介

連載売り買いのタイミングがズバリわかる「テクニカル分析」の基礎知識

ど素人が読める 株価チャートの本

ど素人が読める 株価チャートの本

福永 博之

翔泳社

人気アナリストの解説で勝率アップを目指そう! 本書はど素人でも株価チャートがスラスラ分析できるようになるしかけがいっぱいです! チャート分析の手法や指標を数多く羅列するのではなく、初心者が学べばすぐ実践できるも…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧