シリコンバレーの中心地「パロアルト」…2021年前半期、戸建て価格好調の背景 (※画像はイメージです/PIXTA)

2021年前半期、シリコンバレー中心地である「パロアルト」の戸建て価格は、昨年までの不調とは一転し、活況を呈しています。本記事では、株式会社エー・ディー・ワークスの小川謙治氏が、「パロアルト」戸建て価格が好調である背景について解説していきます。

2021年前半期、パロアルトの戸建て価格に変化が…

2021年前半期におけるシリコンバレー中心地であるパロアルトの戸建て価格は、一昨年から昨年までの不調を過去のものとするかのように、活況を呈しています。

 

まずは住宅在庫です。米国の至るところで在庫が不足している、と報道されていますが、パロアルトではやや状況が異なっています。2021年前半期に登録された戸建て売り物件(在庫)は431戸となり、前年同期比45%の増加となったのです。さらに過去10年平均値と比較しても30%超の増加となりました。

 

ところが、それを上回る需要がパロアルト市場に存在したのです。新型コロナの収束見通しと、巨大IT企業の業績好調及びVCの活発な投資活動が住居不動産市況を押上げました。

 

巨大IT企業のエグゼクティブに人気の高い「オールド・パロアルト」では、5月中旬には10戸の戸建て売り物件が登録されました。それらは1戸あたり$6MMから$30MMの希望売値です。通常人気の高い「オールド・パロアルト」は、売り物がほとんど出ない地域です。

 

同時期にパロアルト市全体では、新たに登録された売り物件の件数のうち、74%がすでに売却完了となっております。これは前年同期比64%の増加、2012年以来の最多の件数です。それでは価格はどうだったのでしょうか? 中間価格も見てみます。

 

パロアルトでは過去最高値である$3.53MMまで上昇しており、昨年同期比16%の値上がりで、2020年通年でみても18%の値上がりとなっています。

VCによる「活発な投資活動」の背景は…

VCによる活発な投資活動の背景を探るべく、今回は巨大IT企業の第2四半期決算とバリュエーションを見てみることにしましょう。[図表]は2017年から2021年第2四半期までの、シリコンバレーに本社を置く巨大IT企業3社(アップル・グーグル・フェースブック)の時価総額・業績の推移です。

 

[図表]シリコンバレーに本社を置く巨大IT企業3社(アップル・グーグル・フェースブック)の時価総額・業績の推移

 

巨大IT企業の2021年前半期の売上・EBITDAともに、コロナ禍で大きく業績を伸ばし、3社合計売上で24%増加、3社合計EBITDAで41%増加となりました。コロナ前の業績伸び率(テイパリングの影響もあったのか、2018年から2019年に至るまで)は、一桁の増収増益でした。それを先取りするかのように、バリュエーションは2020年より大きく伸ばしています。したがって、コロナ収束が見えはじめたことによって、周辺不動産市況にも影響を与えたものと考えられます。

 

今後予想される量的金融緩和縮小が、早ければこの夏から始まる可能性があるため、今は絶好調な巨大IT企業の業績が、不動産市況にも少なからず影響を与えることになるでしょう。

 

 

(本記事の内容は筆者個人の分析・見解です。)

 

 

小川 謙治

株式会社エー・ディー・ワークス

金融商品開発部 ディレクター

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

ブルックス・アドバイザーズ(株) 

一橋大学経済学部卒業。大手金融機関・PEファンド運営会社・MAアドバイザリー会社等において、米国不動産/REIT・不良債権・事業投資・企業買収/提携等、投資先価値分析から出口戦略の策定・実行などオルタナ投融資に関わる資産運用アドバイスを行っている。

著者紹介

連載集積するイノベーション産業と頭脳――米国シリコンバレー不動産投資の最新事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧