憧れの海外リゾート地「単身者向け賃貸・投資用物件」の現況 (※写真はイメージです/PIXTA)

これまで気軽に出かけていた海外リゾートも、コロナ禍によりすっかり足が遠のいてしまいました。とはいえ、以前の状況が戻るのを待ちわびている方も多いでしょう。本稿では、日本人が大好きなリゾート地をピックアップし、単身者用物件の賃貸事情と、投資用物件の現況についてまとめてみました。長期滞在するにあたっての金額的目安のほか、今後観光客が戻った際の投資チャンスについて見ていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

マレーシア、タイ、フィリピン、ハワイの不動産事情

日本よりひと足早くワクチン接種が進んでいる諸外国からは、レストランの営業再開等の明るいニュースが届いていますが、日本はまだ予断を許さない状況が続いています。かつてのように自由に海外渡航できる日が、1日も早く戻ってくるよう願うばかりです。

 

日本人が愛してやまないリゾート、マレーシア、タイ、フィリピン、そしてハワイ…。出かけたい海外は数あれど、いまはまさに辛抱のときです。あこがれの地に想いを馳せつつ、本記事では、現地の不動産事情に触れてみることにしましょう。

マレーシア…コンドミニアムは安価だが、利回りに注意

ランカウイやペナンといったビーチリゾートで有名な「マレーシア」は、熱帯雨林気候ならではのウェット感はあるものの、年間を通じて気温が20℃以上という環境は、極寒を知る日本人にとって、あこがれの場所です。

 

 マレーシアの賃貸住宅事情 

 

クアラルンプール中心部にある単身者向け賃貸住宅は、30~50㎡台のコンドミニアムが主流です。室内家具やエアコン・駐車場付き、加えて共用部には居住者が自由に利用できるプールやジムもあり、家賃は月額4~6万円程度です。

 

入居までのフローは、まず契約前に家賃1カ月分の手付金(契約後、家賃に充当)を支払い、契約時はデポジット(敷金または保証金に該当)として家賃3~4カ月分を支払います。デポジットには内訳があり、3/4は居室分、1/4は水道光熱費分になります。

 

契約形式は1年間の定期借家契約が一般的で、賃借人から途中解約する場合はペナルティとして契約残期間の家賃全額支払いを要求されます。

 

 マレーシアの投資物件事情 

 

クアラルンプールで販売されているコンドミニアムは2000年代に建てられた築浅物件が多く、そのほとんどが高層タワーで総戸数も300~400戸超と大規模なのが特徴です。50㎡台住戸の価格相場は2,800万円(坪単価170万円)前後で、家賃相場から換算する投資表面利回りは2.6%程度になります。日本と比較して価格は手頃ですが、利回りは魅力的とはいえません。

タイ…中古コンドミニアムは坪単価240万円が平均値

パタヤやプーケットなどのビーチリゾートのほか、アユタヤ遺跡など歴史ツアーも楽しめる「タイ」。熱帯モンスーン気候ならではの猛暑時期や雨期を避けた11月~翌2月が観光のベストシーズンといわれます。

 

首都・バンコクと観光名所を結ぶのは、タイ国有鉄道(SRT)やARL(エアポート・レール・リンク)、MRT、BTS(高架鉄道)といった鉄道網です。鉄道の玄関口として知られる「フワランポーン(別名クルンテープ、又はバンコク中央)」駅は2021年秋にその役割を終える予定で、新たに開業する「バンスー中央」駅がその役割を引き継ぎます。

 

 タイの賃貸住宅事情 


バンコク中心部にある単身者向け賃貸住宅は、共用施設充実のコンドミニアム、室内清掃・食事付きのサービスアパートメント、個人オーナーが1棟管理するアパートの3つに分類されます。いずれも部屋の広さは30~50㎡台がメイン、家賃は付帯するサービス内容によって様々ですが、30㎡台で概ね月額7万円、40㎡台で月額10万5,000円程度です。

 

入居までのフローは、契約前に手付金(金額は契約によりまちまち)を支払い、契約時は家賃2カ月分のデポジットを支払います。また、室内清掃などのサービスが付いたコンドミニアムの場合は、契約書が居室賃貸借分と付帯サービス分の二本立てとなり、契約上の家賃配分は1/2ずつ(家賃10万円の場合、居室賃貸料5万円、サービス料5万円として契約)となります。

 

いずれの形態も3年以内の定期借家契約が多く、途中解約した場合はペナルティとしてデポジットが全額没収されます。

 

 タイの投資物件事情 

 

タイの都市部で現在販売されている30~50㎡台中古コンドミニアムの価格を見ると、坪単価150~300万円と、階層や駅からの距離といった諸条件により格差があります。総体的に見て、40㎡台で3,300万円(坪単価240万円)前後が平均値といったところです。ここから40㎡台賃貸物件の投資表面利回りを算出すると3.8%程度になります。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

環境ステーション株式会社が運営するWEBメディア。健康で快適な暮らしの実現には、住まいの安心と安全環境の整備はもちろん、個人のライフステージに合わせた将来にわたる資産形成プランが必要です。ライフプランnaviでは、将来的なお金の不安や心配を減らし、長期的な視点で最適な資産形成プランを実現するための情報を発信します。

https://lifeplan-navi.com/

著者紹介

連載不動産会社だから語れる「投資・資産形成」のオモシロ知識

※本記事は、「ライフプランnavi」に掲載されたコラムを転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧