コロナ禍で減税の議論も…日本の「消費税10%」は高いのか?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあたるのは「消費税」。「子どもの頃は3%だったのに、こんなに高くなって……」と嘆く人も多いでしょうが、そもそも日本の消費税は高いのでしょうか。それとも低いのでしょうか。世界の状況を見てみましょう。

税率10%…日本の「消費税」世界で見てみると

日本の消費税、高いのか低いのか。世界主要国の消費税について見てみましょう。

 

主要国で最も消費税の税率が高いのは「ハンガリー」で27.0%。続くのが25.0%の「デンマーク」「ギリシャ」「アイスランド」の3ヵ国。OECD加盟国平均は19%ほどです。

 

先進7ヵ国で最も高いのは「イタリア」(11位)で、「フランス」「イギリス」(19位)「ドイツ」24位と続き、「日本」は32位。一番低いのは「カナダ」で、税率は5%です。

 

ちなみに「アメリカ」に消費税はありません。その代わり「小売売上税」があり、州や群、市で税率は異なります。

 

【主要国「消費税額」トップ20】

 

1位…27.0%

「ハンガリー」

2位…25.0%

「デンマーク」「ノルウェー」「スウェーデン」

5位…24.0%

「フィンランド」「ギリシャ」「アイスランド」

8位

「アイルランド」「ポーランド」 「ポルトガル」

11位…22.0%

「イタリア」「スロベニア」

13位…21.0%

「ベルギー」「チェコ」「ラトビア」「リトアニア」「オランダ」「スペイン」

19位…20.0%

「オーストリア」「エストニア」「フランス」「スロバキア」「イギリス」

 

出所:OECD

※2020年12月現在

 

このように見ていくと、日本の消費税率は世界と比較すると低く、まだまだ引き上げる余地があるように見えます。

 

それでもなかなか引き上げられないのは、世論の反応、選挙への影響。給与が増えて、税負担も大きくなる分にはまだいいでしょうが、日本ではこの20年、給与水準はほぼ横ばい。それなのに負担ばかり強いられていては、なかなか賛成とはいえないでしょう。

 

少子高齢化が進むなか、社会保障の財源として活用される(ことになっている)消費税。その状況から「増税も仕方がない」と思いつつも、納得いかない……というのが、世間の本音ではないでしょうか。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧