遺産分割協議の終了後に…「父の婚外子」を名乗る子への対処法

ドラマのようですが、葬儀後に婚外子の存在が発覚するケースは、現実でも起こり得ます。四十九日も遺産分割協議も終了したあと、突然現れた婚外子を名乗る存在に、相続人はどう対処すればいいのでしょうか。また、婚外子が相続権を主張するにはどんな手続きが必要なのでしょうか。相続分の規定や死後認知のポイントについて、長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

四十九日後、子どもを連れた女性が突然現れ…

Aさんが世田谷区の不動産(2億円)、株式(5000万円)、預貯金(5000万円)を残して亡くなりました。四十九日も過ぎて、Aさんのお子さんであるXさんとY子さんは遺産分割協議を行い、仲よく、2分の1ずつ分けることとしました。

 

すると、Aさんが亡くなったことを知人に聞いたという女性がZちゃんを連れ、線香をあげに来て、Zちゃんは父の子どもだといいます。

 

Zちゃんが本当にAさんの子どもだとしたら、どうなるでしょうか。

 

次の5つの選択肢から選んで答えてください。

 

①ZちゃんがAさんの子どもであるのであればAさんの相続人であり、相続分はXさん、Y子さんと同じで、3分の1となる。

 

②ZちゃんがAさんの子どもであればAさんの相続人だけれども、相続分はXさん、Y子さんの2分の1で、全体の5分の1となる。

 

③ZちゃんはAさんの子どもであっても認知あるいは死後認知を受けなければ相続人とはならない。認知を受けた場合の相続分は3分の1である。

 

④ZちゃんはAさんの子どもであっても認知あるいは死後認知を受けなければ相続人とはならない。認知を受けた場合の相続分は、Xさん、Y子さんの2分の1で、全体の5分の1である。

 

⑤Zちゃんは、認知を受けたとしても、遺産分割協議が終わっているから相続はできない。

 

父親が亡くなったあとに愛人の子が出現するというのはドラマのようですが、現実にないことではありません。現に筆者は、愛人のお子さんから父親と親子であることの確認を求める「認知請求」の依頼を受けたことがあります。依頼を受けてから調査したところ、父親は生きており、話し合いで事件は解決をしました。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

親の死後、認知請求できるのは「3年間のみ」

さて、今回のケースがどうなるか説明していきましょう。

 

まず、婚外子が相続人となるためには、認知を受けている必要があります。婚外子から父親に対してする認知請求は、父親が生きているときにはいつでもできます。

 

しかし、父親が亡くなってしまったときには、死後3年間しかできません。

 

今回のケースでは、Aさんが亡くなって四十九日が過ぎたところなので、まだ3年は経過していません。そこで、まだ認知を受けていないとしてもこれから認知の訴えを起こして認知が認められれば、Aさんの相続人となります。

 

次に、ZちゃんがAさんの相続人だとして、相続分はどうなるでしょうか。この点について、民法では、長いあいだ、婚外子は非嫡出子として、その相続分は嫡出子の2分の1と定められていました。

 

今回のケースでいえば、Xさん、Y子さんとZちゃんは2:1となりますから、XさんとYさんが5分の2、Zちゃんは5分の1となります。しかし、平成25年9月4日の最高裁判決は、非嫡出子と嫡出子の法定相続分が異なることは憲法14条の法の下の平等に反するとして違憲と判断しました。

 

その後、この違憲判決を受けて、民法も改正され、非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1とする条文は削除されました。

 

したがって、Zちゃんは、認知を受けているかこれから認知を受ければ、婚外子であっても相続分は、Xさん、Y子さんと同じとなり、3分の1となります。

 

今回のケースでは、XさんとY子さんとのあいだで遺産分割協議は終わってしまっています。このことがZちゃんの相続に影響はあるでしょうか。

 

\\12/18開催//
【緊急開催】“小口の好立地不動産投資”で実現する賃貸経営リスクを抑えた「相続対策」講座
シリーズ第6弾「セレサージュ目黒ウェスト」の全貌をいち早く公開!

高島総合法律事務所
代表弁護士 

1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

著者紹介

連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!