「松戸」在住の40代会社員…賞与減で「ローン破綻」の危機

日本の持ち家率は60%を超え、マイホーム購入に至る年齢は40歳前後というのが一般的。人生の折り返し地点で多額のローンを負うと、どのように返済していくことになるのでしょうか。千葉県「松戸」に30代で分譲の一戸建てを購入した会社員を例にみていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

江戸川を渡った先の「松戸」交通至便なベッドタウン

千葉県松戸市「松戸」。JR常磐線(各停、快速)と新京成電鉄の接続駅で、人口50万人を抱える松戸市の中心駅です。3km先の江戸川を渡れば葛飾区で、「東京」へのアクセスも30分圏内。東京に隣接するという立地から、ベッドタウンとして人気の街です。

 

この駅から徒歩30分、自転車であれば10分強の立地に、新築一戸建て3980万円を購入した40代会社員。購入時は30代で、家族3人で暮らしています。

 

購入の決め手となったのは、交通至便な立地。「松戸」であれば、通勤にも通学にも便利だっただとか。また駅周辺の充実ぶりもポイントでした。駅ビルには「アトレ松戸」、西口に「ダイエー松戸西口店」「キテミテマツド」、東口には「イトーヨーカドー松戸店」と大型商業施設が集積し、最寄り品はもちろん、ちょっと特別な買い回り品も探す楽しみもあります。

 

少々ごちゃごちゃした印象の駅周辺ですが、ドラッグストアや飲食店など使い勝手のいいチェーン店も多く、「松戸から出る必要はほとんどない」のだとか。

 

引越しをしてから、街のランドマークでもあった「伊勢丹」が撤退したときは寂しさも覚えたといいますが、百貨店跡には「キテミテマツド」が開業し、街の利便性自体はそれほど変わっていないといいます。

 

また最近は古民家などを利用したショップやアトリエなどが増え、若いクリエイターが集う街として注目も高まり、今後の展開が楽しみだといいます。

 

街の行く末とは別に不安なのが、ローン返済。実は月々の返済を10万円以下に抑えたいと、3000万円の借入のうち、1000万円はボーナス払いにしていました。就職して十数年。毎月の給与も賞与も安定していたことから、ボーナス払いを取り入れたそうです。

 

しかしこのコロナ禍。夏冬の賞与が前年比50%減。今年の夏のボーナスはゼロになるのでは……という噂も。毎月払いとボーナス払いの併用から、毎月払いのみへの変更も検討していますが、月の返済額が増えるのも厳しい状況。この苦境を乗り越えることができるか、瀬戸際なのだとか。

 

苦しい…(※写真はイメージです/PIXTA)
苦しい…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\\10/2(土)開催//
フィリピン・シンガポールを活用した資産防衛術…世界の富裕層が実践する資産保全術を公開!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧