「商品10個買って」といわれ2個買った経済評論家、後悔のワケ

研究者によると、人間の脳はしばしば「錯覚」を起こすとされています。なかでも私たちの生活に影響するのが「数字に関連する錯覚」です。脳は、最初に認識した数字に影響されやすいため、認識を大きく誤ることがあるのです。脳の性質を知らずに「錯覚」に引きずられてしまうと、金額の認識を誤るなどの、手痛い失敗をしてしまうため、十分な注意が必要です。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

人間の脳は「最初に聞いた数字」が残りやすい

目の錯覚は有名ですが、脳もさまざまな錯覚をするそうです。本記事では、そのなかでも、「最初に聞いた数字が頭に残ってその後の意思決定に影響する」という話をしたいと思います。

 

「利根川は50キロより長いと思いますか? イエスかノーで答えて下さい」

「では、利根川は何キロだと思いますか?」

 

と聞いたグループと、

 

「利根川は500キロより長いと思いますか? イエスかノーで答えて下さい」

「では、利根川は何キロだと思いますか?」

 

と聞いたグループでは、後者の方が大きな数字を答えるのだそうです。

 

そこまではなんとなく納得できますが、行動経済学という学問分野の研究によれば、「免許証番号の下3ケタを書いて下さい」「利根川の長さは何キロですか?」という質問でも、下3ケタの数字が大きい人ほど第2問にも大きな数字を答える傾向があるのだそうです。

 

これは、人間の脳が最初に聞いた数字を覚えていて、それ以降の意思決定がその数字に影響されるから、ということのようです。

 

落ち着いて理屈から考えれば明らかに不合理なことですが、人類の進化の過程で、膨大な情報処理を短時間で行うためには、そうした簡略化が便利だったのでしょう。つまり、「自分の脳が錯覚するのは恥ずかしいことではなく、自分がより進化した人間である証だ」と考えて自己満足しておけばいいわけですね(笑)。

5万円の差なら、迷わず「素敵なほうの家具」を買う?

免許証番号の話は極端にしても、日常生活での錯覚について思い当たることは少なくないでしょう。たとえば、2000万円のマンションと3000万円のマンションのどちらを選ぶか悩んだ末に決めて、その足で家具を買いに行ったとします。

 

「10万円の家具と15万円の家具では、5万円しか違わないのだから、素敵なほうを買おう」と考える人が多いでしょう。

 

一方で、安売りスーパーのチラシを手にして遠くまで買い物に行った日に、夕方から家具を買いに行ったとすれば、「5万円も違うなら安いほうを買おう」と考えるでしょう。

 

ということは、マンションに必要な家具を買うのはマンションを契約した日ではなく、別の日に安売りスーパーに行ったあとにすべきだ、ということですね。そうすれば、頭のなかにある大きな数字がリセットできますから。

 

\ 7/29(木)開催/

コロナ禍でも「高賃料×空室ゼロ」24時間楽器演奏可能・防音マンション『ミュージションの全貌

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧