都道府県「輸入車台数」ランキング…増加率1位の意外な県は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は「輸入車の登録台数」。2020年度、最も人気だった車は? 様々な角度から見ていきましょう。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

5年連続!BMW ミニ「ミニ」が不動のトップ

日本自動車輸入組合によると、2020年度(2020年4月~2021年3月)の輸入車新規登録台数は、25万5518台(速報値)となり、 前年度29万2109台と比較して12.5%減となりました。

 

外国メーカー車モデル別新車登録台数トップ10を見ていくと、最も多かったのがBMW ミニの「ミニ」で2万837台。第2位はメルセデス・ベンツの「Aクラス」で8723台。第3位はフォルクスワーゲンの「T-Cross」で8641台でした。

 

■2020年度輸入車登録台数外国メーカー車モデル別トップ10

1位 BMW ミニ「ミニ」2万837台
2位 メルセデス・ベンツ「Aクラス」8723台台
3位 フォルクスワーゲン「T-Cross」8641台
4位 BMW「3シリーズ」8194台
5位 ボルボ「60シリーズ」7376台
6位 フォルクスワーゲン「ゴルフ」6984台
7位 フォルクスワーゲン「ポロ」6970台
8位 ボルボ「40シリーズ」6424台
9位 ジープ「ラングラー」6221台
10位 メルセデス・ベンツ「Cクラス」6170台

 

この10年を見ていくと、BMW ミニ「ミニ」は2010年から2015年までは2位か3位につけ、2016年からは5年連続トップと、近年は不動の人気を誇っています。

 

またトップ20まで見ていくと、8モデルランクインのメルセデス・ベンツが最も多く、次いで4モデルラインクインでフォルクスワーゲンで、3モデルラインクインのBMWと続きます(関連記事:『2020年度「外国メーカー車モデル別」トップ20』)。

 

さらに車名別に見ていくと「Mercedes-Benz」で「VW」「BMW」と続きます。

 

■2020年輸入車登録台数車別トップ10

1位 Mercedes-Benz 57,041台
2位 VW 36,576台
3位 BMW 35,712台
4位 Nissan 24,147台
5位 Audi 22,304台
6位 Toyota 21,257台
7位 BMW MINI 20,196台
8位 Volvo 15,547台
9位 Jeep 13,588台
10位 Peugeot 10,752台

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!