ESGでわかる「世界最大の写真フィルムメーカー」倒産の原因

リターンにはリスクがつきもの。これはESG投資においても同様です。しかしリスクは顕在化しないとその存在や大きさには気づきにくいもの。無意識に甘く見積もってしまうこともあるでしょう。もしESGを意識せず企業活動を行った場合、将来どんなリスクを負うことになるのか、それがどれだけ怖いことなのか、顕在化したときの衝撃はどれほどのものか。過去にガバナンスリスクが顕在化した米国一流企業の末路から学びましょう。公募投信“初”の「CAM ESG日本株ファンド」を設定したキャピタル アセットマネジメントがわかりやすく解説します。

\ PR /【5/22開催(土)】カメハメハ倶楽部の人気セミナー

償却メリットを狙った京都の町家投資の魅力

タックスマネジメントのための「海外プチ移住」の進め方

環境(E)だけではない…「S」「G」リスクも甚大

投資家にとって、リスクはリターンと同様に、投資を図るうえで重要なファクターです。経済的リターンと社会的リターンを追求する以上、その対極にある、経済的リスクと社会的リスクを考慮しなければなりません。

 

社会的リターンは、企業がステークホルダーと価値観を共有し、真剣にESG課題に取組むことによって生まれてきます。取り組みが不十分であったり、ESG課題を否定すると、社会的リスクが生じます。それは、社会的ロス(例:顧客離れ、社会的評価の失墜等)につながり、ひいては取り返しのつかない経済的ロスに発展することも十分ありえます。

 

気候変動による環境・生活の悪化という環境(E)についてのリスクは多くのマスコミで紹介されています。他方、S(社会)とG(ガバナンス)についてのリスクに関してはそのインパクトは環境(E)同様に大きいものなのですが、皆さんもあまり目に触れる機会がないでしょうから、ここでご紹介したいと思います。

 

フィルム・カメラ開発で世界的シェアを誇った企業

1888年、米イーストマン・コダック社は世界初、100枚の写真が撮れるカメラを発売しました。そのカメラは当時、専門の写真館で利用されていた大型カメラに比べれば遥かにコンパクトで持ち運びに便利なうえ、最も特筆すべきはその操作が一般の人にも可能だったことです。誰にでも簡単に操作できるものであったため、革新的なヒット商品となりました。

 

さらに同社が発売したカメラの中には、独自開発によって生まれた、革新的なロール状のフィルムが使われていました。このロール状のフィルムが、のちに同社を「世界で最もブランド価値が高いTOP5企業」の1つへと導くことになったのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

フィルム・カメラも映画用フィルムも独占状態

誰もが気軽に写真をとれることを目指した同社は、高額な高機能カメラの生産には一切手を出さず、ふつうの米国人が買えるシンプルかつ低額なカメラの製造にこだわりました。同社が特に注力した分野はフィルムでした。当時世界中で販売されたフィルム・カメラはコダックのフィルム規格(35mmフィルム)を採用していたのです。

 

また、同社のロール状フィルムは映画産業を生み出すことになりました。ドキュメンタリー映画から娯楽映画に至るまで幅広い映画の制作にコダック社のフィルムが使われていたのです。

 

1976年のハーバード大学の調査によると、アメリカで使用されたフィルムの90%はコダック社製であり、同時に米国で販売されたカメラの85%も同社製品でした。米国市場のみならず世界市場でも、同社のマーケット・シェアは高く、2/3のシェアを誇っていました。

 

コダックというブランドが誕生してから100周年となった1988年頃には、同グループ企業の従業員は14.5万人にのぼり、米国でも屈指の名門企業となりました。

顧客満足度を犠牲にした結果、瞬く間に業績悪化

1975年、同社は、1世紀前のフィルム・カメラの発明に続き、優秀な開発スタッフを介して世界初のデジタル・カメラを発明しました。

 

創業者イーストマン氏の精神を引き継ぐのであれば、エンドユーザーに対し、フィルムよりも高品質のデジタル画像の規格を提供することによって、顧客の利益をはかるとともに自社製品を成長させるべきでした。

 

ところが、当時の同社の経営陣はステークホルダー(顧客、従業員、サプライチェーンに入る企業等)とともに価値向上をはかるという発想がありませんでした。経営陣の関心は四半期毎の株主価値の向上に集約されていました。そこで、米国市場のフィルム市場の90%を独占していた同社は、それまでの1世紀の間に築いたビジネスを守ることに傾注したのです。

 

当時の同社はガバナンス機能が弱く、顧客満足度を優先するという発想がなく、顧客利益を犠牲にしても自らの短期利潤の獲得を優先しました。結果的にフィルムという製品の市場が成熟期に入っていたにも拘わらず、それを経営の主軸とする方針をとり続けたのです。

 

本来は、ステークホルダーである顧客(同社の場合、一般の消費者や映画製造会社)に対して、高付加価値の商品・サービスを提供するために最善を尽くし、競業他社に勝つために研究開発とマーケティングに必要なリソースを配分するべきでした。

 

皮肉なことに、その後、コダック社が先鞭をつけた画像のデジタル化が米国を始め先進国で進みました。エンドユーザーにとって作業効率が高いデジタル画像の需要が急拡大し、日本企業の提供するデジタル・カメラがそれまでのフィルム・カメラにとって代わることになるのです。今思えば当然の展開が予想されていたのですが。

 

 

1972年~2014年の間に6人のCEO(社長)がコダック社を経営したものの、顧客満足度への取り組みは不十分なままであった結果、顧客が同社製品から離れて、業績が悪化していきました。株価も1990年代には1株$56の高値をつけたものの、2012年には倒産して$0.1となり企業価値を大きく喪失しました【図表】。

 

【図表】コダック社製品から顧客が離れた後の株価

 

同社は企業ガバナンスが脆弱であったため、多くのステークホルダーに損害を与えることになりました。14万人の従業員の職を奪い、工場の閉鎖によって地域社会を破壊し、株主にも大きな損失を与えました。

 

ガバナンス上のリスクが顕在化して、社会的ロスと経済的ロスが発生した典型的な例といえます。

 

 

フランクリン クスマン

キャピタル アセットマネジメント株式運用部 部長

CFA 協会認定証券アナリスト

 

 

 

 

 

【5月開催のセミナー】

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

【5/16開催】<家族信託×都心不動産投資>で実現する最新相続対策

 

【5/21開催】元国税調査官の税理士が教える最新相続対策

 

【5/23開催】土地活用賃貸経営で「持ち余し物件」収益化計画

 

【5/25開催】相続トラブルに備える「不動産・生前整理」のススメ

 

【5/29開催】国も認めた「レスキューホテル」社会貢献で利回り8~9%

 

※ 【5/30開催】社会貢献×安定収益「児童発達支援事業」の魅力

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

キャピタル アセットマネジメント株式運用部 部長
CFA 協会認定証券アナリスト 

1994年日興バーラ(現MSCI Barra)入社。ポートフォリオ・リスク管理アセット・アロケーションのコンサルタントとして活躍。1996年からロイター・ジャパン(現トムソン・ロイター・マーケッツ)でチーフ・フィナンシャル・エンジニアとして日本株式リスク・モデルの開発をリード。ロイター(英国)でクオンツ分析ツールのグローバル・プロダクト・マネジャー。

その後、リッパー投信評価の日本版確定拠出年金ファンドの評価・アワードを立ち上げて、機関投資家向けカスタム・インデックス業務に従事。2016年10月当社に勤務、CAM ESG日本株ファンドの運用プロセス・ポートフォリオ管理を担当。業界在籍年数25年。

著者紹介

キャピタル アセットマネジメント株式会社は2004年に発足した中堅の運用会社です。

ベトナム、フィリピン、アセアン諸国、中近東(ドバイ、アブダビ)などの新興国市場・企業の株式に投資するファンドを運用し、中でもベトナムの株式運用については第一人者であると自負しています。

弊社の運用チームは、独自の運用手法とグローバルな情報ネットワークを駆使しており、弊社はクオリティーの高い商品の提供に努めております。投信業界初の公募投信ESG(環境・社会・ガバナンス)日本株ファンドの運用を2017年に、日本ではあまり前例のない世界ツーリズム株式ファンドの運用を2019年に開始しております。

私共キャピタル アセットマネジメントは中堅ながらもユニークで存在感ある会社となるべく、付加価値の高い商品を研究し、受益者の皆様の運用ニーズにお応えすると共に、資産運用業界の発展に貢献出来るよう努力して参ります。

●調査部長 徳村達也 プロフィール
外資系ヘッジファンド、日米運用会社等で株式・債券・デリバティブ等の運用実務を経験。その後オンラインプロダクトのマーケティングから資産証券化、ノンバンクプロダクト、ディストレスドアセットに至るまで、従来の有価証券の枠を超えた幅広い金融商品の設計・開発・運用に携わる。日本株の調査業務を経た後、2018年ベトナム経済の魅力に惹かれてCAMに入社、調査部長を務める。

著者紹介

連載アフターコロナ時代を先取り…本来あるべき「ESG投資」の基礎知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧