「年率28%の高成長」からガタ落ちしたアジア新鋭企業の誤算

リターンにはリスクがつきもの。これはESG投資においても同様です。しかしリスクは顕在化しないとその存在や大きさには気づきにくいもの。無意識に甘く見積もってしまうこともあるでしょう。もしESGを意識せず企業活動を行った場合、将来どんなリスクを負うことになるのか、それがどれだけ怖いことなのか、顕在化したときの衝撃はどれほどのものか。今回は、ソーシャルリスクをないがしろにして企業存亡の危機に陥ったアジアの新鋭企業から学びましょう。公募投信“初”の「CAM ESG日本株ファンド」を設定したキャピタル アセットマネジメントがわかりやすく解説します。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

事例で学ぶ「ESGリスクを無視した企業活動」の怖さ

投資家にとって、リスクはリターンと同様に、投資を図るうえで重要なファクターです。経済的リターンと社会的リターンを追求する以上、その対極にある、経済的リスクと社会的リスクを考慮しなければなりません。

 

社会的リターンは、企業がステークホルダーと価値観を共有し、真剣にESG課題に取組むことによって生まれてきます。取り組みが不十分であったり、ESG課題を否定すると、社会的リスクが生じます。それは、社会的ロス(例:顧客離れ、社会的評価の失墜等)につながり、ひいては取り返しのつかない経済的ロスに発展することも十分ありえます。

 

気候変動による環境・生活の悪化という環境(E)についてのリスクは多くのマスコミで紹介されています。他方、S(社会)とG(ガバナンス)についてのリスクに関してはそのインパクトは環境(E)同様に大きいものなのですが、皆さんもあまり目に触れる機会がないでしょうから、ここでご紹介したいと思います。

 

2001年の上場以来、売上高が年率28%で成長した企業

トップ・グローブ社は1991年、マレーシアで操業を開始したゴム手袋メーカーです。創業者であるリム氏の一家は元来ゴム農園の経営者でした。同国の豊かな天然資源であるゴムに付加価値をつけることを目指してゴム手袋のビジネスに参入しました。

 

衛生管理向上の要望もあって世界各国で需要が拡大、安価な使い捨てゴム手袋がヒット商品になりました。

 

同社は当初、1つの生産ラインでスタートしましたが、その後50の工場で800にのぼる生産ラインをもつことになり、世界195ヵ国に輸出を行い、世界的なマーケット・シェアは26%にのぼりました。

米国が「強制労働の実態」を批判し、取引をボイコット

ASEAN加盟国であるマレーシアの1人当たりGDP は約$10,270(IMF;2020年推定値)であり、域内でも比較的高水準に達した新興国です。労働集約的な同社にとって、生産に従事する労働者の確保が大きな課題の1つでした。

 

工場の単純作業には賃金の高い地元の労働者の雇用では割が合わないため、マレーシアよりも所得水準が低いアジア諸国からやってくる出稼ぎ労働者に多くを依存しなければなりませんでした。そのため、ネパール、バングラデシュ等出身の外国人労働者を住み込みで雇うことが多くありました。

 

ところが、2020年7月、米国の税関・国境警備局(CBP)は同社の子会社に対して、「社会責任を果たさない企業の商品は米国民が望まない」という理由で同社の子会社工場で作った製品の米国への輸入を禁止するとともに、同社労働者の強制労働に関する調査を始めたのです。その結果、2021年3月30日に同社の製品がCBPにより押収され、その後も米国への輸入が禁止されました。

 

同社は住み込みの従業員に対して、借金による束縛、過度な残業の強要、劣悪な労働環境・生活環境で酷使したとされました。強制労働による基本的人権の侵害だと看做されたのです。米国は、現在の奴隷制度ともいえるこのような労働の実態を認めなかったのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

「基本的人権の尊重」なくして企業成長は不可能

同社にとって米国市場は売上の約20%を占めていたため、【図表】で見られるように、同社株価は昨年付けた高値の1株8リンギットから2021年3月末時点の4.5リンギットまで大幅に下落し、企業価値が失われました。

 

【図表】米国CBPが子会社製品の輸入を禁止した以降の株価

 

従業員の基本的人権を無視して、高い売上成長を達成することは持続可能なことではありません。米国同様、基本的人権を尊重する欧州諸国が今後同社製品をボイコットするようになったら、同社の経営が困難に陥ることも予想されます。

 

これは、ソーシャル上のリスクが顕在化して、企業存亡の危機をもたらしているケースです。

 

一次はコロナ禍でゴム手袋の需要が起こり、株価も上昇しましたが、注目された分その反動が大きかったようです。今後も社会的ロス、経済的ロスが膨らむ可能性があるでしょう。

 

 

フランクリン クスマン

キャピタル アセットマネジメント株式運用部 部長

CFA 協会認定証券アナリスト

 

 

 

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【12/8開催】企業オーナー向けの決算対策「オペレーティングリース」投資の基礎講座

 

【12/8開催】相続、事業・資産承継の悩みを解決する「民事信託」の具体的活用術

 

【12/11開催】ヘッジ・ファンドによる「グローバル成長株」投資の全容

 

【12/11開催】償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力<幻冬舎会場・限定版>

 

【12/14開催】新ルール対応の中小企業オーナー向け「法人保険」入門講座

 

【12/14開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【12/14開催】富裕層のための「スイス・ボーディングスクール」の知られざる魅力

 

【12/16開催】現地金融機関の融資を活用した「アメリカ不動産投資」の最新事情

 

【12/16開催】賃貸スタイルによって変わる「ハワイ不動産」投資効果を検証

 

【12/16開催】口座情報交換制度を踏まえた「海外活用」の進め方

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

キャピタル アセットマネジメント株式運用部 部長
CFA 協会認定証券アナリスト 

1994年日興バーラ(現MSCI Barra)入社。ポートフォリオ・リスク管理アセット・アロケーションのコンサルタントとして活躍。1996年からロイター・ジャパン(現トムソン・ロイター・マーケッツ)でチーフ・フィナンシャル・エンジニアとして日本株式リスク・モデルの開発をリード。ロイター(英国)でクオンツ分析ツールのグローバル・プロダクト・マネジャー。

その後、リッパー投信評価の日本版確定拠出年金ファンドの評価・アワードを立ち上げて、機関投資家向けカスタム・インデックス業務に従事。2016年10月当社に勤務、CAM ESG日本株ファンドの運用プロセス・ポートフォリオ管理を担当。業界在籍年数25年。

著者紹介

キャピタル アセットマネジメント株式会社は2004年に発足した中堅の運用会社です。

ベトナム、フィリピン、アセアン諸国などの新興国市場・企業の株式に投資するファンドを運用し、中でもベトナムの株式運用については第一人者であると自負しています。

弊社の運用チームは、独自の運用手法とグローバルな情報ネットワークを駆使しており、弊社はクオリティーの高い商品の提供に努めております。投信業界初の公募投信ESG(環境・社会・ガバナンス)日本株ファンドの運用を2017年に、日本ではあまり前例のない世界ツーリズム株式ファンドの運用を2019年に開始しております。

私共キャピタル アセットマネジメントは中堅ながらもユニークで存在感ある会社となるべく、付加価値の高い商品を研究し、受益者の皆様の運用ニーズにお応えすると共に、資産運用業界の発展に貢献出来るよう努力して参ります。

●調査部長 徳村達也 プロフィール
外資系ヘッジファンド、日米運用会社等で株式・債券・デリバティブ等の運用実務を経験。その後オンラインプロダクトのマーケティングから資産証券化、ノンバンクプロダクト、ディストレスドアセットに至るまで、従来の有価証券の枠を超えた幅広い金融商品の設計・開発・運用に携わる。日本株の調査業務を経た後、2018年ベトナム経済の魅力に惹かれてCAMに入社、調査部長を務める。

著者紹介

連載アフターコロナ時代を先取り…本来あるべき「ESG投資」の基礎知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!