財閥銘柄に注目!「フィリピン株式」コロナ禍で狙うべきは?

現地で日々フィリピン経済を調査している一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクター、家村均氏による株式市場分析。今週はフィリピン株式市場、そしてフィリピン経済を牽引している財閥株の現在の株価が本来の実力価値に比べて割安のなのか否かを中心に見ていきます。財閥によって事業ポートフォリオは異なり、コロナ禍の影響度によって現在の株価水準が異なってきます。そこで個別財閥銘柄の事業ポートフォリオを分析しながら、現在の株価水準を分析していきます。

【無料】メルマガ登録こちら

財閥が牛耳る「フィリピン経済」

フィリピン経済を語るうえで欠かせないのが“財閥”の存在です。これは戦前の三菱財閥、三井財閥、住友財閥のような存在です。戦後GHQが日本の財閥を解体したのは、日本の社会・経済において財閥があまりにも強大な力を持ち過ぎていたからです。

 

そして今のフィリピン経済はこの財閥グループが支配していると言っても過言ではありません。総資産比でも時価総額比でもフィリピン株市場全体の30%前後を占めています。ただ、これはHolding Firmsというセクターに分類された財閥銘柄だけ足し上げたもので、実際には、このHolding Firmsの傘下に複雑に資本が絡み合っている多数のグループ会社が存在するのが財閥ですので、それらを含めれば全体の50%近くを財閥関連企業が占めていると言われています。

 

このHolding Firmsというセクターの中でも特に巨大な企業10社を10大財閥と言っています。フィリピンに上場会社数が少ないひとつの大きな要因は、この財閥パワーが強大で、主要産業を抑えているために新興企業の出番が少ないという側面があります。多くの有力企業が財閥傘下で未上場の状態にありますし、上場を目指すスタートアップ企業が財閥企業に買収されて、エグジットするという話しもよくあります。

 

実際財閥企業は、電気、ガス、水道、道路などの社会公共インフラ事業から都市開発、銀行など国の基幹産業で主導権を握っていて、まさにフィリピン経済そのものといってもいい存在です。逆に投資対象と見た時には、非常に有力な投資先となると言え、フィリピン経済そのものに投資する様なもので長期投資の本流といえます。

 

以下、個別に財閥銘柄を見ていきましょう。

 

経済の回復に遅れが出ているが…(※画像はイメージです/PIXTA)
経済の回復に遅れが出ているが…(※画像はイメージです/PIXTA)

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在ハロハロホームにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしている

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧