免許証でわかる「とんでもない事実」

さっそくだが、一番左の2桁は初めて免許証を取得した都道府県を表している。「北海道 10」「埼玉 43」など、都道府県別の詳しい振り分けは[図表:免許証の「都道府県番号」を地域別にみる!]を確認されたい。

 

 

免許の末尾には…

 

次の2桁は、初めて免許を取得した年を表している。1994年なら「94」、2021年なら「21」といった具合だ。

 

そして末尾1桁は「再発行の回数」。もちろん更新だけをしている場合は「0」、紛失や盗難などの事情により再発行をすると「1」「2」と加算されていく。かなり大きな数字が書かれてあったら、何らかの問題アリと考えてよいかもしれない。ちなみに10回目は「1」に戻る。

 

上記以外の数字は、都道府県公安員会の管理番号などで、運転手の過去の情報がわかるものではない。

 

家族や友人に「免許証、見せて~!」と言ってみれば、とんでもない事実が判明してしまうかもしれない。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ